02:ビジネス

030 正岡子規オペラ

02:ビジネス

以前の当ブログにも記載した、18日、台東区生涯学習センターで行われた正岡子規生誕150年記念オペラ公演の内容。初日は台風の影響もあって満席に至らなかったが、2日目は満席となった。
勿論、動画映像も撮影・編集している。

正岡子規オペラ

正岡子規オペラ

正岡子規オペラ

正岡子規オペラ

正岡子規オペラ

正岡子規オペラ

029 利根川322

02:ビジネス

2017年9月2日 我孫子けやきプラザホールで行われた交響詩 利根川322の撮影に出掛けた。
利根川322の [322] は322kmの意味。上流から下流に流れる利根川の映像に迫力ある音楽を加えたもの。
パーカッションの迫力が強く印象に残る非常に素晴らしい公演内容だった。
 
日本オペラ界の重鎮 仙道氏に怒られてしまうので慎むべきだが、これはオペラに留まらずドラムとギターを加えたオペラとロックと映像による融合を試みれば、商業的にもっともっと話題になったと思うのは私だけではないと思う。
 
素晴らしい内容、クラシックファンだけでなく広く知らしめたい。今のままだけでは勿体無さ過ぎる。

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

仙道オペラ

028 都道府県会館

02:ビジネス

2017年8月29日 永田町の都道府県会館に出掛けた。
 

都道府県会館
2年に1回程度しか行くことがないので、地下鉄から降りて会館手前に通じる地下通路のポスターを眺めるのが出掛ける楽しみになっている。

都道府県会館
全国の都道府県ポスターが一堂に並ぶ、それを眺めると、やはり東京って凄いんだなあと~実感する。
今回も待ち合わせ時間より50分も早く到着して、ポスターのデザインとアピール度の品評会を一人ぶつぶつ行った。(デザインの凄い良い勉強になるのだ)

都道府県会館
じっと眺めているだけで日本全体が何となく分かったような気になるのが不思議だ。多くのビジネスマンは忙しそうに通路を通過するが、私だけ一人でゆっくり眺めている.。ヒマ人だと思われそうだが、確かにヒマ人なのだ。(そんなことはない!)

都道府県会館
眼を奪われる凝った県のポスターもあれば、直ぐに他のポスターに目が移るポスターもある。
違いはなにか?と問われると、思いを詰め込んだポスターと手軽に仕上げたポスターの違いだ=制作時間が全然違うはずだ。

都道府県会館
と言うのも、期間中の単なるイベント告知ポスターに差し替えている都道府県のポスターもあるのだから仕方がない。各都道府県の入魂ポスターを一堂に眺められれば、2時間半はいられるかも・・・。

都道府県会館

都道府県会館
で、何しに来たの?と言われるかもしれないが、それはまだ秘密。まあ、秘密ってほどの内容でもないけど(笑)。

027 正岡子規オペラ

01:社長ブログ 02:ビジネス

仙道オペラ
9月17日(日)~18日(祝) に松岡子規生誕150周年記念 オペラコンサートを行う。そのスクリーン映像をお手伝いすることになり作曲から編曲、舞台演出まで手掛ける仙道作三さんと数時間に至る打ち合わせ。

仙道オペラ

出演者の経歴を見ると、藝大を筆頭に著名音大、海外留学組など・・・クラシック界のことは良く知らないが、肩書きが凄い。肩書きが少ない人は肩身が狭い世界だなあ~。

仙道オペラ
クラシック界やジャズ界のこうした裏舞台のお手伝いが出来ることは楽しい。もっともっと輪を広げて舞台スクリーン演出まで出来れば最高だ。


以前、経営者倶楽部の講師として知り合ったサックス奏者等のジャズ系にも進出してお手伝いできれば楽しくなると思う。ジャズは熱く音と映像を交錯できればと・・・。

これらも十分対応可能となると、業務システム、ウェブサイト/ウェブシステム、デジタルサイネージ、ネットショップ、音、映像・・・ようやく社名に近づいてくることになる。私が元気でいるまでに達成しないといけない・・・。

026 ジオパーク in 幕張メッセ

02:ビジネス

2017年5月20日(土)、21日{日)と幕張メッセで ジオパークイベントがあった。

日本で最初のジオパークは2008年に誕生している。
しかし、10年足らずと歴史が浅い故、ジオパークそのものを知らない人は多い。しかし、徐々にその知名度は上がってきている。弊社は日本でジオパークが誕生した直後から各種サイト運営を行っている。

今年も恒例の幕張メッセでのイベントだ。
弊社スタッフも撮影に出掛けている。その後のウェブ制作が目的だ。

ジオパーク in 幕張メッセ
日本のジオパークは、43地域が認定されている。更にその中の8地域が世界ジオパークとしてユネスコ認定されている。

ジオパーク in 幕張メッセ
日本に43地域はどう考えても多い。ジオパークとして認定されなくともジオパークに相応しい地域は存在するのも確か。認定地域が43地域と増えた現在、新規認定は厳しくなっている。

ジオパーク in 幕張メッセ
及び一度認定されたからって喜んではいけない。4年毎に再審査がある。ちょっと活動をなまけていると認定取り消しとなる。

ジオパーク in 幕張メッセ
参加する人は必然的に市町村関係の地域団体、役所の人が圧倒的に多い。またジオパークの特性から学者も多い。

ジオパーク in 幕張メッセ

ジオパーク in 幕張メッセ
こちらはポスターセション、どちらかと言えば硬い内容だ。毎年参加しているが、今年は参加できなかった。少々、内容が硬いので興味をそそる内容だと有難いのだが…。

定時総会
こちらは同時間帯の都内の某団体の定時総会。私はこちらの撮影に出掛けた。前述のジオパークイベント写真は、弊社のスタッフ2名が出掛けて撮った写真となる。

定時総会
こちらのイベント写真は若手スタッフに任せる訳にはいかないので私が撮った。写真撮影も数をこなさないと綺麗に撮れない。スキルを上げる秘策は場数を増やすに尽きる。

定時総会

025 若年者集客動画編集

02:ビジネス

昨年末から年を超えて、ようやく完成にこぎつけた若年者集客PR動画。乾杯!!
 

動画編集
 
写真は大型モニター2台を連結して作業、社会福祉関係(それが若年者集客PR動画)と音楽公演関係のものを同時平行。
一つは老人介護であり、もう一つは華やかな舞台内容。メリハリ効いて楽しいです(笑)。
 
「PCにモニター2台で2つ平行作業をわざわざ報告?。格好つけてんじゃないの?」と言われそう…。
 
社会福祉関係の編集を作業してエンコード等に待ち時間が発生すると、その時間は何もすることがない。長い場合は1時間近く待たされる。そのとき右側のモニターで別の編集準備をしてます。動作が少し重くなるのが難点だけど。
 
「それなら2台のPCで別々でやれば良いじゃん!」と言われるかもしれません…。
 
確かにそうなんだけど、共通に使う環境やデータがあって1台のPCで作業を行いたいことって多々あるのです。この気持ち、技術者やクリエーターなら分かって貰えるはず。

開発技術者になると、1台のPCにモニター2台とか、複数台のPCやタブレット・スマホで作業なんて決して珍しくありません。スキルを磨いて自分の腕を磨きませんか?

しかし…社長が編集作業などやってたら駄目なんですよね。早く次の人に任せなければ…。

024 技術者、未来の技術者募集中

02:ビジネス

自社内対応も地味に地味対応してきました。ざっくりみても裾野が広がってきている。

ビジネス展開 弊社対応作品群
 

内部制作は、容易に始められるウェブサイト制作から始まった。
サイトを制作していると写真撮影が必要になる。場合によってはイラスト制作も必要になる。動画撮影&編集制作だって必要になる。海外向けのサイト制作の場合、他国語サイト制作も必要となる。
 
最初は内部の少し器用な人間がやっていたが、そうなると精度が気になる。
いつしか専任カメラマンを起用しだした。ネイティブ海外翻訳家も必要だ。イラストレータもいる。
 
サイト制作する会社なんて星の数ほど存在する。単純にホームページを作成するだけの会社は生き残れるはずがない。システムを連携できる会社にならないといけない。
 
ビジネス展開
 
昨今はウェブの比重が高まり、Java・PHP言語技術者は需要が高い。今やJavaよりPHPの方が有利となるなんて10年前に誰が予想できただろうか?
 
ITがある限りインフラ(サーバー系)は必要となる。そう言う意味でのインフラ技術者にも光が当たっている。
 
システム開発から出発している会社だからプログラミング言語を駆使したシステム開発は、絶対忘れていない。ウェブベースのシステム開発だってやっている。
 
全てに共通しているのは、会社だって個人だってスキルがなければ声は掛からない。
 
しかし、最初は誰だって未経験。そこから良質な仕事をしていかにスキルをあげて一流の技術屋になるかだ。
私も新人のころは、人差し指1本打法でキーボードを打っていたもんだ。(それって何十年前だ!?)
小さな会社だから色々な経験が出来る。
 
スキル獲得において貴重な経験が沢山出来ます。迷ったらご連絡下さい。

023 タッチパネル コンテンツ制作

02:ビジネス

正月も過ぎ、先週5日から3連休を挟んで2017年も本格的仕事開始。

タッチパネル コンテンツ制作
こちら某一部上場大手企業様の海外のショールームに設置するタッチパネルディスプレイ。製品紹介の編集作業。新年明け早々の先週、摩天楼のような本社ビルから、弊社の狭い作業場所に直接来社されての確認打ち合わせ。
PCのキーボードが小さく見えますが、これでも小さいザイズのディスプレイなのです。最初はもっと大きいサイズだった。何とかハードの調達が間に合って一安心。

タッチパネル コンテンツ制作
小さめのサイズから大きなサイズまで、サイズに合わせて色々なことが出来ることが分かってきました。例えば小さなサイズはお洒落なお店の店頭の商品説明から(iPadでも出来ますね)大きいサイズは街並みの大型パネルまで。

タッチパネル コンテンツ制作
これが、ウェブ制作知識の応用で対応可能です。ウェブの奥深さを感じられます。
スタッフになれば、ウェブサイト制作だけでなく、写真撮影をはじめ動画編集、こうしたデジタルサイネージ対応なども経験することが可能です。製作・開発スタッフ募集中!

勿論、Office系の業務改善。システム開発なども適材適所で考えます。
基本、私は面白いと思うことを中心にしないと仕事は楽しくないですから。

021 データEXPO

02:ビジネス

10月27日 幕張メッセ、朝早くからITに関する市場調査。

データEXPO
ウェブ・モバイル技術とその活用事例とサービス、IoT関連の最新動向の確認。ここ数年(春:ビッグサイト、秋:幕張メッセ)は欠かさず時間を割いて出向いている。

データEXPO
会場内を歩いているとすり寄ってくる出店社が激しく、ゆっくり展示内容を見ようものなら余計な商品説明をしてくる。飲み屋街で色気を使って客引きするより激しい。ここまでやると迷惑だ。

データEXPO
出展社の目的は商品を理解して貰うことだ。何故、ボールペンや景品を手渡し、来場者の情報を入手しようとするのだろう? 全くビジネスにならない来場者も多いはずだ。

データEXPO
毎年来ていると毎回出展している企業も多く、出展内容も全く同じだったりする。
もはや最新技術と言うより、資金に余裕がある企業で、熟した製品を紹介する目的の企業も多い。

年2回足を運ぶのが大変な人は、秋の幕張メッセより春のビッグサイトがお勧めだ。ビッグサイトの方が規模が大きいからだ。

データEXPO
もう技術のことを知るより、営業力を強化することを意識すべきなんだけど、どうしても気になるんだな。

021 都道府県会館

02:ビジネス 07:東京と新潟

2016年7月11日、猛暑の中、永田町の都道府県会館に出掛けた。

都道府県会館
首都圏在住の新潟出身者に向けての新潟県人会としてのウェブによる地域活性化作業の一環だ。

都道府県会館
この対応に利益は殆ど出ない。赤字覚悟での初期対応だ。世の中って最初はこんなものさ。

都道府県会館
既に何度か出かけているのだが、会館に行くときに小さな楽しみがある。
会館の地下通路は全国のポスターがズラリ並んでいるんだ。さすが東京だ。

都道府県会館
各地の趣向と意気込みが楽しみなのだ。見ているだけで実に面白い。

都道府県会館
福井県、プロポーズ? 思わず考えてしまう。

都道府県会館

都道府県会館
各地の特色が見えて実に面白い。

都道府県会館
山口県、徳島県 いいね~。

都道府県会館
九州エリアは全部同じポスター。何故?

都道府県会館
会館前の案内、全国の都道府県が勢揃いする便利なビルだ。(入居していない県もあります)

1 2 3 >