02:ビジネス

026 ジオパーク in 幕張メッセ

02:ビジネス

2017年5月20日(土)、21日{日)と幕張メッセで ジオパークイベントがあった。

日本で最初のジオパークは2008年に誕生している。
しかし、10年足らずと歴史が浅い故、ジオパークそのものを知らない人は多い。しかし、徐々にその知名度は上がってきている。弊社は日本でジオパークが誕生した直後から各種サイト運営を行っている。

今年も恒例の幕張メッセでのイベントだ。
弊社スタッフも撮影に出掛けている。その後のウェブ制作が目的だ。

ジオパーク in 幕張メッセ
日本のジオパークは、43地域が認定されている。更にその中の8地域が世界ジオパークとしてユネスコ認定されている。

ジオパーク in 幕張メッセ
日本に43地域はどう考えても多い。ジオパークとして認定されなくともジオパークに相応しい地域は存在するのも確か。認定地域が43地域と増えた現在、新規認定は厳しくなっている。

ジオパーク in 幕張メッセ
及び一度認定されたからって喜んではいけない。4年毎に再審査がある。ちょっと活動をなまけていると認定取り消しとなる。

ジオパーク in 幕張メッセ
参加する人は必然的に市町村関係の地域団体、役所の人が圧倒的に多い。またジオパークの特性から学者も多い。

ジオパーク in 幕張メッセ

ジオパーク in 幕張メッセ
こちらはポスターセション、どちらかと言えば硬い内容だ。毎年参加しているが、今年は参加できなかった。少々、内容が硬いので興味をそそる内容だと有難いのだが…。

定時総会
こちらは同時間帯の都内の某団体の定時総会。私はこちらの撮影に出掛けた。前述のジオパークイベント写真は、弊社のスタッフ2名が出掛けて撮った写真となる。

定時総会
こちらのイベント写真は若手スタッフに任せる訳にはいかないので私が撮った。写真撮影も数をこなさないと綺麗に撮れない。スキルを上げる秘策は場数を増やすに尽きる。

定時総会

025 若年者集客動画編集

02:ビジネス

昨年末から年を超えて、ようやく完成にこぎつけた若年者集客PR動画。乾杯!!
 

動画編集
 
写真は大型モニター2台を連結して作業、社会福祉関係(それが若年者集客PR動画)と音楽公演関係のものを同時平行。
一つは老人介護であり、もう一つは華やかな舞台内容。メリハリ効いて楽しいです(笑)。
 
「PCにモニター2台で2つ平行作業をわざわざ報告?。格好つけてんじゃないの?」と言われそう…。
 
社会福祉関係の編集を作業してエンコード等に待ち時間が発生すると、その時間は何もすることがない。長い場合は1時間近く待たされる。そのとき右側のモニターで別の編集準備をしてます。動作が少し重くなるのが難点だけど。
 
「それなら2台のPCで別々でやれば良いじゃん!」と言われるかもしれません…。
 
確かにそうなんだけど、共通に使う環境やデータがあって1台のPCで作業を行いたいことって多々あるのです。この気持ち、技術者やクリエーターなら分かって貰えるはず。

開発技術者になると、1台のPCにモニター2台とか、複数台のPCやタブレット・スマホで作業なんて決して珍しくありません。スキルを磨いて自分の腕を磨きませんか?

しかし…社長が編集作業などやってたら駄目なんですよね。早く次の人に任せなければ…。

024 技術者、未来の技術者募集中

02:ビジネス

自社内対応も地味に地味対応してきました。ざっくりみても裾野が広がってきている。

ビジネス展開 弊社対応作品群
 

内部制作は、容易に始められるウェブサイト制作から始まった。
サイトを制作していると写真撮影が必要になる。場合によってはイラスト制作も必要になる。動画撮影&編集制作だって必要になる。海外向けのサイト制作の場合、他国語サイト制作も必要となる。
 
最初は内部の少し器用な人間がやっていたが、そうなると精度が気になる。
いつしか専任カメラマンを起用しだした。ネイティブ海外翻訳家も必要だ。イラストレータもいる。
 
サイト制作する会社なんて星の数ほど存在する。単純にホームページを作成するだけの会社は生き残れるはずがない。システムを連携できる会社にならないといけない。
 
ビジネス展開
 
昨今はウェブの比重が高まり、Java・PHP言語技術者は需要が高い。今やJavaよりPHPの方が有利となるなんて10年前に誰が予想できただろうか?
 
ITがある限りインフラ(サーバー系)は必要となる。そう言う意味でのインフラ技術者にも光が当たっている。
 
システム開発から出発している会社だからプログラミング言語を駆使したシステム開発は、絶対忘れていない。ウェブベースのシステム開発だってやっている。
 
全てに共通しているのは、会社だって個人だってスキルがなければ声は掛からない。
 
しかし、最初は誰だって未経験。そこから良質な仕事をしていかにスキルをあげて一流の技術屋になるかだ。
私も新人のころは、人差し指1本打法でキーボードを打っていたもんだ。(それって何十年前だ!?)
小さな会社だから色々な経験が出来る。
 
スキル獲得において貴重な経験が沢山出来ます。迷ったらご連絡下さい。

023 タッチパネル コンテンツ制作

02:ビジネス

正月も過ぎ、先週5日から3連休を挟んで2017年も本格的仕事開始。

タッチパネル コンテンツ制作
こちら某一部上場大手企業様の海外のショールームに設置するタッチパネルディスプレイ。製品紹介の編集作業。新年明け早々の先週、摩天楼のような本社ビルから、弊社の狭い作業場所に直接来社されての確認打ち合わせ。
PCのキーボードが小さく見えますが、これでも小さいザイズのディスプレイなのです。最初はもっと大きいサイズだった。何とかハードの調達が間に合って一安心。

タッチパネル コンテンツ制作
小さめのサイズから大きなサイズまで、サイズに合わせて色々なことが出来ることが分かってきました。例えば小さなサイズはお洒落なお店の店頭の商品説明から(iPadでも出来ますね)大きいサイズは街並みの大型パネルまで。

タッチパネル コンテンツ制作
これが、ウェブ制作知識の応用で対応可能です。ウェブの奥深さを感じられます。
スタッフになれば、ウェブサイト制作だけでなく、写真撮影をはじめ動画編集、こうしたデジタルサイネージ対応なども経験することが可能です。製作・開発スタッフ募集中!

勿論、Office系の業務改善。システム開発なども適材適所で考えます。
基本、私は面白いと思うことを中心にしないと仕事は楽しくないですから。

021 データEXPO

02:ビジネス

10月27日 幕張メッセ、朝早くからITに関する市場調査。

データEXPO
ウェブ・モバイル技術とその活用事例とサービス、IoT関連の最新動向の確認。ここ数年(春:ビッグサイト、秋:幕張メッセ)は欠かさず時間を割いて出向いている。

データEXPO
会場内を歩いているとすり寄ってくる出店社が激しく、ゆっくり展示内容を見ようものなら余計な商品説明をしてくる。飲み屋街で色気を使って客引きするより激しい。ここまでやると迷惑だ。

データEXPO
出展社の目的は商品を理解して貰うことだ。何故、ボールペンや景品を手渡し、来場者の情報を入手しようとするのだろう? 全くビジネスにならない来場者も多いはずだ。

データEXPO
毎年来ていると毎回出展している企業も多く、出展内容も全く同じだったりする。
もはや最新技術と言うより、資金に余裕がある企業で、熟した製品を紹介する目的の企業も多い。

年2回足を運ぶのが大変な人は、秋の幕張メッセより春のビッグサイトがお勧めだ。ビッグサイトの方が規模が大きいからだ。

データEXPO
もう技術のことを知るより、営業力を強化することを意識すべきなんだけど、どうしても気になるんだな。

021 都道府県会館

02:ビジネス 07:東京と新潟

2016年7月11日、猛暑の中、永田町の都道府県会館に出掛けた。

都道府県会館
首都圏在住の新潟出身者に向けての新潟県人会としてのウェブによる地域活性化作業の一環だ。

都道府県会館
この対応に利益は殆ど出ない。赤字覚悟での初期対応だ。世の中って最初はこんなものさ。

都道府県会館
既に何度か出かけているのだが、会館に行くときに小さな楽しみがある。
会館の地下通路は全国のポスターがズラリ並んでいるんだ。さすが東京だ。

都道府県会館
各地の趣向と意気込みが楽しみなのだ。見ているだけで実に面白い。

都道府県会館
福井県、プロポーズ? 思わず考えてしまう。

都道府県会館

都道府県会館
各地の特色が見えて実に面白い。

都道府県会館
山口県、徳島県 いいね~。

都道府県会館
九州エリアは全部同じポスター。何故?

都道府県会館
会館前の案内、全国の都道府県が勢揃いする便利なビルだ。(入居していない県もあります)

019 ジオパークとユネスコの関係

02:ビジネス

5年位前は「ジオパークやっています」と言っても100%近くの人は、「何それ?」だった。当時は認知度は0%に近かった。

昨年11月、世界ジオパークに関してはユネスコの事業化が決まり、まだ世界遺産に比べて圧倒的に知名度は低いものの、徐々にジオパークの知名度は上がってきた。

まだまだ知名度は低いのは確かだが、十数人に一人は「ええ、知ってますよ」となってきた。当時を知れば、これだけでも凄いことなのだ。

ユネスコの文字が加われば真面目な集まりだと認識され、今では文部科学省の後押しもある。 日本ユネスコ国内委員会(文部科学省)

弊社もウェブサイト運営等を含めて、最初の頃から微力ながら対応をさせて頂いている。知名度が出てくると、大企業も協賛に乗り出したりして、協業作業の話も出てくる。

一応、打ち合わせテーブルには小さな上り旗を置いている。これだけでも「ジオパークに関して何かをやっている…」的な雰囲気は分かる。実際はもっと色々なことを思案中…。

これは、今現在の弊社の打ち合わせテーブルの状態。ご来社頂いた方は左右前後のポスター含めこの光景を見にすることは出来る。
しかし、正直言って全く関心を持たれない方の方が圧倒的に多い!(笑)
「この旗何ですか?」と言う人は過去に0人だ。(笑) 話題に触れたらマズイのかな?と遠慮されるのかもしれないが、話題になってマズイものを置いているはずがない。

そもそも興味がないのだ。
わざわざこちらからも話題を振ることは決してしないので、存在さえ知らずに帰られているはず。
テーブルの脇に置いてあっても関心がなければ、存在しないと同じだということが分かった。

世界遺産に比べてとっつき難い部分はあるが、それは言葉が認知されていないから。
やるべきことは沢山ある。

020 経営者倶楽部の集い

02:ビジネス

6月16日 19:00~22:00 恵比寿にて
郷里の大先輩出企業家、岩崎会長の経営者倶楽部に初めて参加。

経営者倶楽部
自分が会社を起こした時の年代の若手企業家が多く、懇親会は情熱的な人が多かった。
若い人が多いってことは自然とエネルギッシュな会になる。

経営者倶楽部
30代後半、40代で会社を興すことは良いことだ。私も40代前半には独立を常に意識していたもんだ。若い時は、やっぱチャレンジだな。

勿論、勇気がいるよ。失敗したらそれまで蓄えた財産が全てなくなるんだからね。だから創業オーナーって寝食忘れて仕事をするんだよね。

経営者倶楽部
創業者社長の労働時間と給料で考えると、時給100円位なんだろう。自分もそんな頃があったし、それを超えて今があるんだ。

最初から給与に拘る前に技術を身に付けよう。頑張れば必ず結果はついてくる。

017 ウェブ・モバイル・クラウドEXPO

02:ビジネス

5月12日、ビッグサイトでweb関連、mobile関連、cloud関連、Iot関連のEXPO(展示商談会)があった。ここ数年毎年欠かさず足を運んでいる。

この分野を詳しく知らない人には「ええっ~!!」的な最新技術を紹介している企業は少なくない。

各企業の技術開発は素晴らしい。でも、所詮 技術ベースは同じだからサービスは似たり寄ったり。
いかに上手く複数の技術を組み合わせてサービスを提供できるか、そのアプローチの差が企業の大きな差になっている。

例えば、いまやウェブサイトを単純に作るだけじゃ駄目。ウェブに何かしらのシステム機能を連携させる必要がある。クラウドツールをどう活用するかとか 最新モバイル機器をどう連携させるかとか これがイメージ出来ないと生き残れない。どんどんウェブは複雑化しているからだ。

ネットショップ一つ考えてもこれが言える。在庫管理をリアル連動させ、ピッキングから配送に至るまで、とにかく今のシステムは凄いのだ。

ある程度 基本が分かってくると、組み合わせれば色々なことが出来る。それが非常に楽しい。

刺激的な作業が待っています。スタッフ募集中! 業界未経験でも本気でこの業界に生きようとする人なら一流に育てます。

小さな会社だからこそ多義に至る。
デザイン・制作・設計開発・コーディング・企画・提案・見積・顧客打ち合わせ・写真撮影・動画撮影・動画編集・・・分業制なんてない。殆どマルチプレーヤーだ。

016 フレンチレストランで昼食

02:ビジネス

2月22日、某所のフレンチレストラン。

貝殻亭
起業を志す若者は勿論、企業の抱える問題を解決に導くコンサルティング会社の会長であり、レストランオーナーでもある。広大な敷地面積を持つ。

貝殻亭
郷土が誇るビッグ実業家の一人だ。
話を伺っているうちに、改めて自分のやっている仕事の進め方の見直しが必要と感じた。

貝殻亭
会長の考え方が大きいので気持の良い内容なんだけど、聞いているだけじゃ駄目。それを実行するために気合を込めて進めないといけない。(基本は、今までと同じだけど・・・)

貝殻亭
今の自分は、忙しいことを理由にその場しのぎで終わっている。次の戦略を考えていないと企業は成長しない。
勿論、生きていくために日銭を稼ぐことは必要だが、最近はそれだけになっている。

貝殻亭
ビジネスの仕組み(攻め方)を変えなきゃ成長はない。何年も前から十分すぎるほど分かっていたことなんだけど、正直どうすれば良いのか分からない・・・。

貝殻亭
やりたいことはある。それに対するノウハウもそこそこある(つもり・・・笑)。
自分は、まだまだビジネスアプローチが下手だ。

本日は、それを見事指摘されたしまった感じ。
会社を大きくするには何かのきっかけが必要だ。

1 2 3 >