ピックアップ

225 リチャードティー/35年以上前の空間へ

08:自分音楽レコード史 ピックアップ

ちょっと感慨深い話をする。

この社長ブログは私が気ままに徒然に起こしているものだ。若い頃の音楽レコード史もカテゴリーを分けて一緒に載せている。

ビジネスに全く関係ない内容は載せるべきではないと批判する人は多いと思う。
しかし、私が若い頃の経験した音楽は自分の歴史であり、それも丸ごと含めて自分が形成されている。当時の経験があり今につながっている。これも私を語る上での重要な情報だ。むしろ音楽の好きな楽器演奏経験者が仲間に入って欲しいくらいだ。

上場企業の社長にでもなれば、こんなこと許されないだろうが、小さな企業だから出来るのだ(笑)。

Richard Tee
2017年6月初頭のはなしだ。
『 突然のメールにて、失礼いたします。
○○会社の○○と申します。
榊社長のブログを拝見して、メールを送付させていただきました。

実は、Stuffの(DoYou)WantSomeOfThisの楽譜を探しておりまして、
その結果、榊社長のこのブログ記事に辿りつきました。』
 ~ 以下省略 ~


キーボード・マガジン1979年10月号に掲載されていたのは分かったが入手困難、国会図書館でも入手困難、神保町の古本屋でも入手出来ず・・・最後の手段で私に連絡してきたとのこと。

御社に伺いますので楽譜を手に入れることは出来ませんでしょうか・・・と。素性を何も明かさない人の場合、そのままにしてしまう場合が多いのだが、氏名は勿論、会社名、自分のfacebook、電話番号等が記載してあった。

Richard Tee

実は、過去にリチャードティーに関して同様なメールを頂いていた。てっきり同じ人だろうと思っていたのだが、全く別人だった。今回で3人目になるのだ。
今回の方は(DoYou)WantSomeOfThisだが、他の方は Richard Teeが弾く Take The A Train の譜面が欲しいとか…。

ジョーサンプルとかデイブグルーシンの譜面も載せているのに、何故 リチャードティーなの?と思う訳だ。
Richard Tee
『早々、押入れから取り出しました・・・沢山の楽譜があります。
Joe Sample、Keith Jarrett、Bill Evans・・・若い頃のユーミンなども。
有名どころは今でも簡単に手に入るでしょうが、Richard Teeは既に時代に消えていく人なのかな?寂しいですね。
何分 私の学生時代の頃の譜面ですので、35年以上経過しています、紙が黄ばんでいますが、ご愛嬌として下さい。』

と、SCANした譜面をダウンロード出来るように返信した。

Richard Tee
『積年の恋人と会うことが出来ました。
ダウンロード実施出来て、35年以上の時空を超えて、手元にある喜びをかみしめております。
心より感謝申し上げます。

是非、榊社長にはお礼をさせて頂きたいので、1度タイミングを見てお伺い出来れば幸いでございます。』

Richard Tee
勿論、今回の件で謝礼なんか一切貰っていない。来社されてお礼なんか要らない。
純粋に自分の熱中した時代の音楽を他の人が演奏したいと思う心意気が嬉しいじゃないですか。楽譜をコピーして人に渡すことは、本来は違法になるのだが、既に売買されていない譜面なんだから許して貰えると勝手に思っている。

Richard Tee
しかし、リチャードティーだけ問い合わせがあるのは何故なんだろう?
ちなみに当ブログでアクセスランキングが多いのは圧倒的に物流ブログ。上位は殆ど物流ブログが独占している。
物流ブログは当時の上場大手企業の情報システム部で輸出入システムの倉庫管理システムの設計開発に得た知識をベースに記載しているが、今でも通用する内容が多いのだろう。

Richard Tee
音楽レコード史は、やはりリチャードティーがぶっちぎり、3位のキース・ジャレットより多い、2位は何とサザンに関する記事となっている。ぶっちぎりと言っても物流ブログの数字には適わない。

肝心の社長ブログやビジネスのカテゴリーのアクセスはと言うと、下も下。寂しい限りの状態。おいおいビジネスのほうがアクセス上位じゃないのはマズイんじゃないの? 確かにちょっとマズイよなあー。

どうやら物流専用ブログでその薀蓄を語った方が商売になるようだ(笑)。

078 2045年は、人類の技術的特異点

03 : コンピュータとシステム ピックアップ

2045年が人類の技術的特異点だって?

昨年あたりからIoT(特に制御系システム)の案件が実に多い。
2020年の東京オリンピックに向けての東京の街を IoT で変えていこうとしていることが良く分かる。


正直、IoT の言葉はピンとこない。


数年前にネットワーク機器会社のシスコ社がしきりに使っていた IoE の方が分かり易い。Internet of Everything だからだ。

関連書籍を数冊読んだ。
一見、薔薇色ような内容だが読み進めていくと、行きつく未来にとても気になる点が記されている。
2045年には人類の開発した技術が限界に到達すると予測されているのだ。これを技術的特異点(Technological Singularity)と呼ぶらしい。
特異点なんて言うとビッグバンやブラックホールなどを思い出してしまう。


要は、コンピュータ技術の物凄い進歩で人間の開発した技術が限界に達し、人類を超える究極の人工知能が発達し、その人工知能は人間より優秀な人工知能を開発していく。
これって、ターミネーターのスカイネットが人類の終焉を提示していた映画と同じじゃないの?

凄いのは大真面目に既に多くの企業が研究開発しているってこと。
グーグルしかり、マイクロソフトしかりだ。
しかし、ビルゲイツらもこの進歩には脅威を抱いている一人らしい。

そんな未来を見るには、2045年まで生きなきゃいけない。あと30年近く先だ。ちょっとなあ~。

30年後は、どうも今の常識で考えられない世界になっているようだ。
ああ、実に末恐ろしい・・・。

とりあえず、2020年の東京オリンピック時に IoT システムがどこまでになっているかだ。

041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)

07:東京と新潟 ピックアップ

時間は前後するが、先日の動画は春だったが、冬の世界も紹介しようと思う。
このドローン上空撮影も郷里の赤野さんの動画によるもの。

糸魚川白銀の世界糸魚川白銀の世界 2016
movie : Ryuzou Akano

今年2月8日の冬まっただ中の雪化粧の映像だ。前回の映像と比較するとその違いの差がはっきり分かと思う。

雪国で生活する人は、雪から解放されて穏やかな春の訪れに心が躍る。
都会の生活しか知らない人には、この気持ちは理解出来ないだろう。春の到来は本当に心が躍ったもんだ。

東京で生まれ育った人にこの映像を見せたら、「素敵! ここに見えている家で住んでみたいわ」と言った。
但し、直ぐ次の言葉が出た。「でも2~3日が限界かもしれないわ」と。

雪国を知らない人なら「まあ、そうだろうなー」と、私も思った。

040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)

07:東京と新潟 ピックアップ

自分の郷里にもようやく春が来た。

郷里での写真や動画の協力を頂いている方からのドローンによる上空撮影。
東京は規制で上空撮影は面倒なことも少なくないが、郷里だとドローン規制は全くない。

いといがわ春探訪いといがわ春探訪 2016
movie : Ryuzou Akano

弊社はプロカメラマンも抱えているが、故郷の渡辺さん(写真)や赤野さん(動画)から、殆どプロ顔負けの高いクオリティのデータを頂く。

彼らも積極的に情報発信しているが、彼らはお金で動いていない。純粋に故郷を宣伝したくてボランティアとして対応しているものばかりだ。
その理由は簡単だ。みんな故郷が大好きだからだ。

この気持ちは生まれ育った故郷を出て、東京で働く人であれば理解できると思う。

まだ、山間部には雪が沢山残っているのが分かると思う。
驚くことに山の奥に車を走らせると、8月になってもこの雪を見ることが出来る。

014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

02:ビジネス ピックアップ

2015年11月19日(木) 虎ノ門にある文部科学省に出掛けた。
世界ジオパークがユネスコ正式事業化決定の報道発表があったからだ。
サイト運営を行っている弊社も取材撮影に参加できた。

文部科学省の中にある記者会見ルームに生まれて始めて入った。政治家の記者会見でテレビで見覚えのある部屋だ。

ユネスコと言えば世界遺産を思い浮かべるが、世界ジオパークも堂々仲間入りと考えて良いのか? 今後、認定審査が厳しくなるのは必至だ。別の意味で本当に大変だ。
ユネスコの目的の世界平和の一つになっていくのであれば、素晴らしいことだ。

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

ジオパーク ユネスコ事業化記者会見

013 祝!世界ジオパークがユネスコ正式事業化

02:ビジネス ピックアップ

2015年11月3日から18日(現地時間)の日程で、フランスのユネスコ本部で開催されている第38回ユネスコ総会において、これまで、ユネスコの支援事業として行われてきた世界ジオパークネットワークの活動が、ユネスコの正式事業となりました。めでたい!

この日本ジオパークネットワークウェブサイトは、弊社が完全制作運営を行っております。
2015年11月19日、文部科学省において記者会見を開催することとなりました。
取材撮影にも行って来ま~す!


日本ジオパークネットワーク

弊社制作運営の日本ジオパークネットワーク

洞爺湖有珠山世界ジオパーク洞爺湖有珠山世界ジオパーク

糸魚川世界ジオパーク糸魚川世界ジオパーク

山陰海岸世界ジオパーク山陰海岸世界ジオパーク

島原半島世界ジオパーク島原半島世界ジオパーク

室戸世界ジオパーク室戸世界ジオパーク

隠岐世界ジオパーク隠岐世界ジオパーク

阿蘇世界ジオパーク阿蘇世界ジオパーク

アポイ岳世界ジオパークアポイ岳世界ジオパーク

023 事務所移転

01:社長ブログ ピックアップ

2015年8月28日 ちょっと雨の降りそうな曇り空の下、事務所を移転した。
場所は従来の台東区浅草橋3丁目から台東区柳橋2丁目に。徒歩で7分程度の移転だ。

OpenMedia

OpenMedia
移転先の東商センタービルはJR浅草橋駅から6~7分程度、これまでもJR浅草橋駅から7~8分程度だったため殆ど感覚は変わらない。慣れ親しんでいる街だ。

OpenMedia
浅草橋駅前界隈を一望できる。

OpenMedia
墨田川、国技館とスカイツリーも見える。残念ながら弊社の部屋は反対側になるため、通常窓から見えない…。本当に残念。

OpenMedia
朝早くから、大変お世話になっている企業からタイルカーペットの寄贈とその設置までして頂いた。お世話になっている会社からお世話頂くなんて恐縮の極み。大社長に頭があがらない。


そう言えば、こんな話がある。
別の会社の話だが、数年前にお客様がHPを制作会社に依頼したが公開に至らなかった。1社目で駄目で、2社目も公開に至らなかった。3度目の正直で当社を指定して頂き、公開に至った。その社長に感謝され割烹に接待された。言っておくが、お客様に招待されたのだ。
お客様にの上座に座るなんて通常ありえない。まさに逆接待だ。

制作は苦労を極めたが、とことんお付き合いするのが私のモットー。通常のHP制作会社は採算が取れなくなり、「これを追加すると別料金がかかります」と、何度かやり取りがあったのだろう。次第に関係は気まずくなり、いつしか暗礁に乗り上げてしまう。
システム開発経験がない、業界経験が少ない若手の経営者、特にHP制作だけを専門にする会社に多い気がする。

その会社とは、今も良好な関係を継続している。

お客様をのことを考えれば、採算を抜きにしても一緒に辛抱しなければいけないことは多々ある。

022 トップの責任

01:社長ブログ ピックアップ

日本の企業数は250万社あると言われているが、大企業が1%、何と99%は中小企業だ。

OpenMedia
東京商工リサーチより

そして、その70%以上の企業は赤字となっている。即ち、30%以下の企業しか法人税を納めていないことになる。 参照:都道府県別赤字法人率

日本の企業の7割が赤字であるが、赤字であっても現金があれば倒産しない。逆に黒字でも現金がなければ倒産する。

OpenMedia

重くのしかかるのは人件費、社会保険も同時に重くのしかかる。企業の成長に欠かせないのが「人」であることは間違いない。
しかし、良くも悪くも この「人」で会社は大きく影響される。中小企業なら屋台骨を脅かす。

OpenMedia

更に会社を興して、10年以上生き残れるのは僅か3割。実に7割は10年以内に廃業する。それだけ会社を経営し、維持していくことは難しい。

そして、社長はその全責任を負っている。特に自分で会社を立ち上げたオーナー社長の肩にのしかかる。ラーメン屋の店主だって同じだ。

経営状態が良ければ何ら問題はないが、負に対する責任は全て社長が取らなければならない。
 
OpenMedia
 
会社が事務所を借りる場合、保証人は全て社長になる。設備投資に大金を必要とし、銀行に融資のお願いする場合も保証人は社長になる

事業が上手くいけば何ら問題ない。経営者にとって喜ばしい状態だ。給与が上がって社員も幸せだ。銀行も黒字企業には喜んでお金を貸してくれる。
しかし、前述のように日本の企業の多くは赤字だ。会社を興して10年以上生き残れる会社は3割しかいない。

OpenMedia

事業に失敗した社長は、投資したお金、資産を全て失うことになる。残るのは保証人となった巨額な借金だけだ。中小企業のオーナー社長はこれだけのリスクを背負っている。

「社長は飲み会に参加ばかりして、実際に仕事をしていないから良いよなあ~」と思ったことがないだろうか?
とんでもない勘違いをしている。中小企業の経営者は、ビジネスチャンスを掴むことに必死なのだ。

OpenMedia

身近に大先輩がいる。
今や数百人の従業員を抱えるソフトウェア会社の社長(現会長)もスタート時は6畳程度の雑居事務所からスタートしている。

都内駅前に見かける飲食チェーンの社長(現会長)もスタート時は焼き鳥屋から始まった。

日本有数の某ビルメンテナンス会社の社長(現会長)も3人の仲間とひどく汚い事務所からスタートし、自らビル掃除を昼夜なく働き続けた。

日々、売り上げアップを考え、経費削減を考え、設備投資を考え、営業先開拓を考え、人材採用を考えていたはずだ。もし、この事業が失敗したら・・・と間違いなく何度も考えたはずだ。

OpenMedia

仕事をようやく覚えたレベルで会社の経営を十分に知らず、「俺なら あんな判断はしない。こうやる」と酒場の席でトップを批判している自分はいないか?
自分が全責任を背負って本当にその仕事が出来るか? 責任のない立場の発言なら何でも言える。

全責任とは、失敗したら費やした投資を借金として受け止める覚悟があるかだ。

社長は大変なのだ。

034 うえの夏祭りパレード(写真集)

07:東京と新潟 ピックアップ

2015年7月18日(土)うえの夏祭りパレードのパレードの様子。

納涼まつり

納涼まつり

納涼まつり

納涼まつり

納涼まつり

納涼まつり

021 サラリーマン人生

01:社長ブログ ピックアップ

就職活動にいそしむ若者の希望先は、やはり大企業に集中している。
小さな会社を選ぶより、大きなマーケットで勝負が出来る大企業を選ぶのは当然の結果だと思う。

OpenMedia
当時通勤に使った日比谷線 茅場町駅

当然、私も新入社員時代はあった。当時としては比較的大きなシステム開発会社だった。
当時、茅場町(会社の住所は兜町)に本社を置いた日本電子計算(通称JIP)がそうだ。日本証券金融のコンピュータ部門が独立して設立された会社だ。新入社員のプログラミング同期が70人以上いた。今でも飲みに行く当時の同期はいる。

OpenMediaこんな感じで証券会社が乱立していた

当時の兜町は証券会社が密集していて、証券会社の看板が異様なくらい立ち並んでいた。東京証券取引所が近くにあるのが理由だ。インターネットは勿論、コンピュータによる電子化がこれからの頃だ。インターネットの発展で、僅か20年ほどで兜町に密集した中小証券会社は次々と姿を消していった。

OpenMedia会社の近くには東京証券取引所があった

誰でも最初に入った会社って忘れないもので、今でも茅場町に行くと懐かしい気持ちで一杯になる。社会人2年目で徹夜・徹夜・徹夜の試練も経験した。

私が退職して別のソフトウェア会社に移った後、JIPは東証一部上場まで駆け抜けた。
そんな時代もあったのだが、2012年3月にNTTデータの傘下になってしまう。当時を思えば信じられない。
JIPの名前は残ったが、当時の同期に話を聞くと、もはや当時と全然違うとのこと。コンピュータシステムは劇的に変わってしまったからだ。

別のシステム開発会社に移ってからも、独立するまで、大企業のシステム開発ばかりやってきた。大きなシステム開発しか経験のない片手落ち経験だが、大局を見る目は養われた。

OpenMedia完全にシステム化された東証、僅か20年で劇的に変わった

独立してから状況は一変した。
技術系だった故、独立した時は営業の仕方なんか知らない。信じられないような本当の話だが、請求書さえどうやって出して良いのか分からなかった。

「営業の仕方も知らないで、どうやって仕事を受注出来るの?」と思うだろう。
不思議に思われるかもしれないが、プログラミング技術・システム設計技術があれば、仕事は何とか受注できたのだ。

OpenMedia近くにある現在の日本橋界隈、この街も劇的に変わった

しかし、時代は過ぎる。同時に自分も一つ二つと齢をとる。
景気の浮き沈みは仕事の受注と大きく関係する。景気が悪くなれば、営業力がない会社は回転していかないことを強く実感する。認めたくなかったが、技術力なんか2の次だった。

さらに時代は進む。大企業の倒産や吸収合併が全然珍しくない時代となる。仲良くなった中小企業で、消えていったIT会社を幾つも見てきた。それが今の時代だ。

OpenMedia築地方向から臨む、中央に銀座和光ビルが見える

中途採用者の履歴書を頂くと、今や5回~6回の転職は珍しくない。
そして、そこに驚く事実が隠されている。
履歴書の退職理由に「自己都合」でなく「会社都合」が多いことだ。

以前なら退職理由は、殆ど「自己都合」だった。
会社倒産・吸収・合併・部門縮小とかの文字なんて珍しくなくなってしまった。契約社員採用で「契約満了のため」も実に多いのだ。

時代は確実に変わった。さらに便利な時代になっているが、人間の競争はより厳しくなっている。

1 2 3 >