03 : コンピュータとシステム

034 興味深いワープロの誕生秘話(2/2)

さて、前回の続きです。

日本初のワープロ
日本語変換スピードに20秒かかった時間を3秒に縮める方法です。
特に革新的な内容ではありません。

① 変換候補を選択する場合、次回からそれを最初に表示する 学習機能 の搭載

② 入力している段階で候補を絞り込んでいく 先取り変換機能 の搭載

『 なるほど 』 そうか・・・技術が云々と言うより発想がポイントです。
勿論、技術に裏付けられていなければいけません。

そんな紆余曲折があって1978年完成 (JW-10)、1979年2月に店頭に並びます。
そして今に発展します。

昨今は日本語変換は瞬時に変換されて有り難味がありませんが、一昔前は確かにコンピュータが考える間(マ)がありました。
コンピュータも人間臭かったのです(笑)。

ともあれ、素晴らしいことです。

日本初ワードプロセッサーの詳細

少し古いですがこちらのサイトの後半にも載っています。

NHKスペシャルで放送されたシリーズ、確か電子立国とか言った番組でジャストシステムの一太郎の挑戦も素晴らしいストーリーです。もう脱帽です。


ピックアップ記事

  1. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  2. 078 EAN128 医薬品関係を例にすると
  3. 046 うえの夏祭り2017
  4. 108 入出荷工程もバーコードを活用せよ
  5. 021 サラリーマン人生

関連記事

  1. 03 : コンピュータとシステム

    072 ソフトの基礎知識を学ぼう2 #5

    そこでアセンブラ言語を改善し、登場したのが COBOLやFORTRAN…

  2. 03 : コンピュータとシステム

    005 COBOLとFORTRAN (大型汎用機5)

    COBOL・FORTRAN系汎用機開発者、現在の50代以降の技術者なら…

  3. 03 : コンピュータとシステム

    066 デジタルクリエーター資格 (1) #15

    最後に、デジタルクリエーター資格にも触れておこう。代表格な試験…

  4. 03 : コンピュータとシステム

    042 SEをとりまく人たち

    下の図は数年前に私が作成した「SEをとりまく人たち」だ。弊社サ…

  5. 01:社長ブログ

    039 3G、LTE、4Gそして5G

    携帯電話を使っていると 3G とか LTE とか名前だけ何となく知って…

  6. 03 : コンピュータとシステム

    016 COBOL から C言語 3

    当時の大型汎用機のCOBOL言語からC言語に移行する際の感想を記載して…

コンピュータ体験記

PAGE TOP