008 詳しくはwebで!

04:ウェブ戦略

今も昔も主流はテレビCM、ラジオCM、雑誌の広告、新聞の折り込み広告、外に出れば広告看板、電車に乗れば車内広告など。
これらは企業が一方的に押し付けてくる売込みメッセージだ。


今から僅か20年程前のインターネット黎明期、ネットの世界は押付けがましい宣伝は皆無だった。インターネット黎明期からネットを活用している私が語るんだから間違いない。ネットの世界は実に健康的だった。

その後、インターネット利用者が増大するに伴い、徐々に広告があちこちに目につきだし、今じゃテレビCMに負けないどころか、それを超えるしつこい企業広告が存在する。

お気に入りのブログを見ようとすると、読み手を遮断するメッセージ。
YouTubeを見ようとすると、気持ちを削ぐコマーシャルの連呼。
ささやか抵抗ではないが、少なくとも私のブログは、独自ブログを導入しその手のメッセージは皆無にしている。

企業のプロモーションはテレビや雑誌のマス広告ありきで進められた。
数千万・数億の広告費を出して付録としてウェブをやっていた。まだウェブのパワーなんか期待していなかった時期だ。

今は逆だ。最初の企画からウェブありきで進む。もし予算がつくならマス広告で「詳しくはwebで!」となる。
商品やサービスを売り出すには、今やウェブ戦略が先にある。

ウェブを上手くメディア化出来れば、まさにローリスク・ハイリターンだ。
言うは簡単、このインバウンド戦略、引き続き徒然に記載していく。


« »