028 基本項目の意味は? (GA#9)

04:ウェブ戦略

一番基本中の基本の項目を見て見ましょう。

セッション : そのサイト全体のアクセス数
ユーザー : そのサイト全体に何人訪問してきたかの数
ページビュー数 : 1セッション内で何ページ閲覧したか
ページ/セッション数 : 1セッションで閲覧したページ数
平均セッション時間: 1 セッション内の滞在時間、但し最終閲覧時間は含まれない
直帰率 : 最初のページに訪問して、そのページだけ見てそのまま離脱した割合
新規セッション率 : 全訪問者の中で初めて訪問した人の割合

Googleアナリティクス

まずセッションの意味を理解する必要があります。
セッションとは、Aさんがサイトに入ってから出て行くまでの一区切りの単位。
ウェブ開発(=サーバーサイド)時代は、セションなる用語を多用していました。一区切りの作業単位的な意味でした。

Aさんが、そのサイト内をあちこち移動していてもセッションは1のまま。
このときBさんが訪問してきたら、セッション数は2となります。

Aさんがいったんサイトから出て行って、セッションの単位(Googleアナリティクスは30分のよう)を超えて再度訪問した場合は、1が加算されます。
但し、セッションの範囲内なら1は加算されません。

新規セッション率は分かり難い言葉ですが、全体アクセスの中で新規訪問者の比率。
図の新規セッション率が58.21%になっていますが、41.79%はリピーターと言うこと。

「昨日の今日の訪問はリピーターだろうけど、半年後もリピーターなの?」
「いつまでリピータなの?」
「新規とリピーターってどう判断しているの?」
「新規とリピーターってIPアドレスで判断しているの?」

など次々と疑問が発生することでしょう。

これらはクッキーによって判断されています。
Googleアナリティクスの仕様の関係もあるし、深いつっこみは避けて曖昧な表現で逃げておきます。


« »