006 目標は在庫を持たない仕組み

06:物流システム

物流システム徒然記

今や 流通システム/物流システムともにコンピュータ活用が企業の存続に大きく影響します。
いきなりコンピュータの話を登場させると難しい内容と思われがちですが、イラストを加え楽しく進めていきます。

流通システムや物流システムを語る場合、様々な切り口はあります。

まずは在庫を持たない在庫管理について徒然に記載します。
勿論、在庫を完全にゼロにすることは土台無茶な話です。
しかし、在庫を極力持たなくすることは可能です。

何故、いきなり在庫管理を取り挙げるのか?

理由は簡単です。流通システムと物流システムに於いて、在庫管理ほど重要なテーマはないからです。
在庫を語りだすと、戦略物流システムと言う考えが必要不可欠になります。

pic006

アパレル関係と思ったのですが、図はパソコンで表現しました。(注)

(1) メーカーが管理する倉庫にパソコンを入荷します。
昨日は100台、今日も100台、明日は120台・・・的な感じです。

(2) 大型電気量販店などのお客様から注文が入ります。必要とする店舗に向けて必要な台数だけ出荷します。

(3) 在庫を出荷すれば在庫数量は減ります。
在庫が減れば補充します。但し、補充は必要量だけです。

企業の大原則は、無駄な在庫を持ってはいけないことです。つまり、市場の動きに合わせた仕組みを取り入れます。

「 ちょっとちょっと! モノの流れはとても簡単だけど、必要量だけとか市場の動きに合わせた仕組みなんて言われると、とたんに分からなくなるのだが 」

大丈夫。ゆっくり進めます。




(注)
実は、アパレル関係を例にしようと思い、あらかじめデータ送受信のEDI について調べました。(アパレル業界向けのEDI は既に体系化されています)
色コード、サイズコード、インシーム・・・勿論これらはEDI 項目定義として体系化されています。
しかし、繊維業界も密接に関係していることに気づき その方面も知らないと論じられない感じです。
うっ! そこまで知らない!

アパレル関係ってバブル崩壊後、多品種・少量・小ロットに拍車がかかり、QR(quick response)システムが積極的に進められました。
更にSPA(アパレル製造小売業)と物流の話を交えると面白い話になるのですが、ちょっと私の今の知識が追いついていません。


« »