166 トラックの輸送コストを考える

06:物流システム

流通システム/物流システム徒然記

ちょっと脇道かもしれませんがトラックの輸送コストを考えます。

まずコストの構成内容を視覚的に作成しました。
全日本トラック協会さんの2~3年前の資料をベースにグラフ化しています。
大よその割合が理解出来れば良いのでかなり大雑把です。


トラックの輸送コスト

主だった内容を徒然に記載します。

(1) 人件費
やはり人件費に一番お金がかかります。どこの業界も同じです。
昔はトラック1台にドライバー1人が割り当てられていたものですが、昨今はトラック1台に複数のドライバーが割り当てられトラックを有効活用しています
この人件費はトラックの運転時間でなく拘束時間です

(2) 運行三費
何それ?って感じですが、燃料油脂費・修繕費・タイヤ費とのことです

(3) その他運行費
高速代は勿論、運行する際に発生する諸々の費用 ドライバーの作業着なども含まれます

(4) 車両費
文字通りクルマ購入代です 会計的に言えば減価償却代かな?

(5) 保険料
自賠責、対物、対人等の保険 これも馬鹿になりません

(6) 施設費
車庫施設や事務所施設費

(7) その他経費
事務管理費、傭車もここに含まれます

(8) 一般管理費
管理費用など上記に含まれないような経費・・・かな?


(1)~(3)は変動費、(4)~(8)は固定費になるかな?


ちなみに物流専門誌LOGI-BIZ情報によれば 1車あたりの月の原価は、2トン車で80万円、10トン車で百数十万円程度とのこと。
もっともトラックの使い方によって大きく変動するので、あまり参考になりません。

1980年代は国の規制配下にあったのですが、1990年の規制緩和に伴ない業界は一変します。
競争激化で運賃値下げが日常化し、仕事を確保するために採算割れでも請け負う業者が出ます。

当然、そうなればドライバーの賃金は下がる。
賃金が下がれば、お金を稼ぐため長時間労働を行う。
長時間労働になれば労働条件は過酷になる。

睡眠時間を削って運転するなんて珍しい話ではなくなる訳です。
前々回の「トラック列島3万キロ」そのままです。


トラックドライバーに関する各種情報を知りたい人は、こちらをどうぞ。
サイトリニューアルで、以前より随分見やすくなりました。
同じサイトの就職指導用資料 なども楽しく易しく学べます。

確か数年前までドライバー平均給与のページがあったのですが、ちょっと見つかりません。
当時はトラック業界の給与水準を感慨深く眺めていたものです。


« »