06:物流システム

154 白と緑のナンバー

物流システム奮闘記 079

知っている人のほうが多いと思いますが、トラックのナンバープレートには緑ナンバーの営業用トラックと白ナンバーの自家用トラックに分けられます。

白と緑のナンバー
上が白ナンバー、下が緑ナンバー
(注)このプレート画像は、ナンバープレート制作サイトで作成したものをそのまま利用しています。

緑ナンバーの営業用トラックは、会社や個人などから依頼された荷物を持って届けることが仕事です。即ち貨物自動車運送事業であり荷主の要求に応じて、貨物の輸送を行います。勿論、許可が必要です。

白ナンバーの自家用トラックは、会社やお店が自分で所有して、自己の商品や荷物を運ぶためのもの。つまり自家用ってやつです。

当然のことですが、個人(自社内)で利用するより、営業として荷物を集中して運ぶ緑ナンバーの方が輸送効率は高いです。
メーカーなどから卸先や保管倉庫などへ一気に貨物を輸送するのですから。

効率が良いってことは走行台数が減るということですから自然環境にも意味があります。


サイト検索してざっと調べると、国内トラックの保有台数は900万台!
そのうち85%が白ナンバーで、緑ナンバーは15%となっています。
つまり圧倒的に自家用が多いってことです。

しかし、少ない比率の緑ナンバーの方が、年間総輸送量に占める割合が高いのです。
重量比率だけで比較すれば自家用の方が55%程度ですが、重量に走行距離を加味した場合 緑ナンバーが85%に及んでいます。
緑ナンバーのトラック保有台数が全体の15%であれば、この比率は正直凄いです。

表現が悪いですけど、自家用トラックは近くをうろうろしているって感じです。
まさに交通渋滞を助長している訳です。
そうは言っても自家用車輌は便利ですから難しい問題です。


コンビニの記事でも触れましたが、今後多頻度小口配送は益々広まっていくと予想されます。必然的にトラック走行台数が増加していきます。

台数を減らすには、これもコンビニの記事に触れたように一括納品や共同配送しかありません。

輸送にはトラック輸送の他に、鉄道・航空・海上の輸送ルートがあります。
でも、今やその国内貨物輸送の90%以上が、トラック輸送です。

確か、まだ私が好青年?だった頃、鉄道の「チッキ」を利用した記憶があります。宅配便が普及した今では「チッキ」なんて死語ですが、何てたって持ち込みと受け取りが面倒だった記憶があります。

昭和中期50年代頃までは鉄道が貨物輸送の主流でしたが、どんどん減少を続けます。
今や重量ベースだと、何と全体の1%程度でしかありません。



参考サイト
ケイコ先生のトラック教室!
岡山県トラック協会
熊本県トラック協会
全日本トラック協会


ピックアップ記事

  1. 066 アパレル品とバーコード(その3)
  2. 024 コンピュータのバグは生物だった!
  3. 022 トップの責任
  4. 045 徹夜!徹夜!徹夜! (SE #3)
  5. 003 東京分水会 おいらん道中

関連記事

  1. 06:物流システム

    023 まずは、モノの流れを理解する

    物流システム徒然記EDIの堅めな話が続きましたが、話を第1回目…

  2. 06:物流システム

    073 バーコードITFを斬る

    流通システム/物流システム徒然記今回はドアップのITFバーコー…

  3. 06:物流システム

    094 最短距離で効率ピック

    流通システム/物流システム徒然記倉庫業務に於いて多くの時間を費…

  4. 06:物流システム

    089 ピッキング作業(実務編)

    注)当時の内容をそのまま反映しています。そのため指定したURLは既…

  5. 06:物流システム

    069 ブラウス一着30万円

    今日は比較的暖かい一日、日本橋にも立ち寄りました。日本橋三越は予想…

  6. 06:物流システム

    050 各社の売り上げは? (コンビニ16)

    流通システム/物流システム徒然記セブンイレブンの話を通して多頻…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 006 就活と企業人気ランキング
  2. 075 会社の後ろは隅田川
  3. 032 営業の神様
  4. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  5. 046 うえの夏祭り2017
  6. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  7. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  8. 053 チャリティコンサート(写真)
  9. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  10. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  1. 02:ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  2. 07:東京と新潟

    040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  3. 07:東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  4. 02:ビジネス

    013 祝!世界ジオパークがユネスコ正式事業化
  5. 01:社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
PAGE TOP