04 : コンピュータとシステム

052 情報処理技術者試験を振り返る #2

前回、「試験が2種・1種・特種・システム監査だけの4区分の時代」と記載したが、実は長い間、2種・1種・特種の3種類だけが続いた。

1970年頃から3つだけから始まった試験は、歴史と伝統のある国家資格だったのだ。その後、1986年にシステム監査、1988年にオンラインが加わった。

レベルは、2種<1種<特種の順に合格が難しくなる。
その後に登場した2つの試験を加えると難易度は、2種<1種<オンライン<特種<監査になるだろうか。

情報処理技術者試験 2015年春季に向けての情報処理技術者試験のポスター

ともに午前はコンピュータのハードウェアとソフトウェアの知識を問う内容。

2種・1種とも午後はプログラム作成能力の問題が登場する。
1種はアセンブラ言語を必修とし、COBOL、FORTRAN、PL/Iのいづれかを選択、第2種ではCOBOL、FORTRAN、PL/I、アセンブラ言語のいずれかを選択して解答する形式。
パソコンが浸透してから、C言語が選択言語に加えられた。

しかし、言語がCOBOL、FORTRAN、PL/I、アセンブラ言語であることに時代を感じる。

当時の情報処理技術者試験は、技術者の能力指標として非常に分かり易く、コンピュータの基本能力の有無にとても良い参考となった。
当時のシステム開発技術者なら一度くらい受験したことがあるはずだ。

当時のソフトウェア会社は、入社後にこの資格を積極的に取得するように義務付けていた。給与に資格手当が付くほど重要視されたのだ。
国家試験の資格保持者の数=優秀な技術者を抱えているいることを意味するからだ。

例外なく私も受験したもんだ。
試験は全国の大学などが試験会場となり、まるで当日は大学受験の試験のような光景だった。

この試験制度は、1994年の春期まで続く。
そして、1994年の秋期から試験制度は大きく変わったのだが、その後複雑に見直しされることになる。

現在の試験内容になったのは、2009年春期からだ。


ピックアップ記事

  1. 094 最短距離で効率ピック
  2. 024 コンピュータのバグは生物だった!
  3. 127 在庫管理の失敗で会社が吸収
  4. 023 事務所移転
  5. 034 うえの夏祭りパレード(写真集)

関連記事

  1. 04 : コンピュータとシステム

    042 SEをとりまく人たち

    下の図は数年前に私が作成した「SEをとりまく人たち」だ。弊社サ…

  2. 04 : コンピュータとシステム

    019 パソコン黎明期 (PC1)

    Windowsが主流になる時代を数年だけ遡る。1989年、19…

  3. 04 : コンピュータとシステム

    011 ノンストップコンピュータ 4

    当時、私が在籍していた会社の制御システム開発グループに2年後輩の西田氏…

  4. 04 : コンピュータとシステム

    005 COBOLとFORTRAN (大型汎用機5)

    COBOL・FORTRAN系汎用機開発者、現在の50代以降の技術者なら…

  5. 04 : コンピュータとシステム

    003 大型汎用機全盛時代 (大型汎用機3)

    前回 古き良き時代、紙カードや紙テープを使ってコンピュータにデータを入…

  6. 04 : コンピュータとシステム

    047 資格はあるほうが良いのだ (SE #5)

    SE候補になれば、最初はプログラム開発中心であっても、仕様書作成、基本…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 006 就活と企業人気ランキング
  2. 075 会社の後ろは隅田川
  3. 032 営業の神様
  4. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  5. 046 うえの夏祭り2017
  6. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  7. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  8. 053 チャリティコンサート(写真)
  9. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  10. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  1. 07:東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  2. 07:東京と新潟

    047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  3. 01:社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  4. 02:ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  5. 02:ビジネス

    013 祝!世界ジオパークがユネスコ正式事業化
PAGE TOP