06:物流システム

013 電話とFAXだけで仕事は進まない!

物流システム徒然記

社内の業務の流れを徹底的に分析し、自社の業務の流れが把握できたら、次に会社と会社とを結びつける部分、言うなれば情報交換する方法を考えなければいけません。

ひと前の情報交換は電話やFAXが中心でした。今でも電話やFAXをメインとする零細企業は確かに少なくありません。
しかし、情報交換が電話やFAXが中心の企業にSCMは成立しません。今やそんな企業が生き残ることは厳しいでしょう。

今や情報のやり取りはコンピュータにどんどん移行しています。その主流は、ご存知のようにインターネットと電子メール、更にEDIとなります。


受発注SOS



簡単な仕組みであればエクセルにデータを入力して、それをメールに添付して情報交換する方法も可能です。
これだけでも効率は電話やFAXに比べて飛躍的に向上します。

とは言え、今や多頻度小口対応は世の常識です。
1日に何度も少量の受発注が発生したら大変です。
これは在庫管理を経験しない人には到底理解できない面倒な作業です。


カートン(箱)単位で入出庫に例外が発生しない場合は、それでも対応出来るかもしれません。
しかし、部品1個単位の指定があったり、組み合わせ品があったり、有効期限の製品があったり、それが複数の取引先や顧客から一日数回の受発注が繰り返されたとしたら・・・。

扱う単位数量が多くなれば、収拾がつかなくなり必ず間違いが発生します。
「 とてもやってられないわー 」と必ず悲鳴が上がります。

企業の在庫管理を見てきた経験談です。


ピックアップ記事

  1. 053 チャリティコンサート(写真)
  2. 014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  3. 024 コンピュータのバグは生物だった!
  4. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  5. 041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)

関連記事

  1. 06:物流システム

    037 私にやらせて下さい (コンビニ05)

    流通システム/物流システム徒然記そんな訳で、1973年に15名…

  2. 06:物流システム

    032 データモデリング

    物流システム徒然記さて、EDIとして一番代表的な入荷予定データ…

  3. 06:物流システム

    111 梱包と料金の関係はどうなのさ?

    せっかくの休日にも関わらず、今日は昨日の初夏を感じる天気と一転してどん…

  4. 06:物流システム

    108 入出荷工程もバーコードを活用せよ

    Yさんから長文のお礼のメールを頂きました。一部だけ抜粋「 …

  5. 06:物流システム

    017 EDIの標準って何だ?

    物流システム徒然記繰り返し述べますが、EDI (Electro…

  6. 06:物流システム

    030 入荷データを定義しよう

    物流システム徒然記前回は出荷データだったので、入荷データについ…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  2. 046 うえの夏祭り2017
  3. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  4. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  5. 053 チャリティコンサート(写真)
  6. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  7. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  8. 041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  9. 040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  10. 014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
PAGE TOP