236 日本の3PL企業のランキング

06:物流システム

流通システム・物流システムと称して記載していますが、物流寄りの内容が多いかもしれません。
そもそも流通と物流って言葉は似ていますが、意味はかなり異なります。
「 この違いは何? 」って言われると・・・当ブログの001 流通と物流って何が違うの?に触れています。



流通システム/物流システム徒然記

世界大不況が起きるリーマンショック前の物流経済白書によると、日本の物流市場は20兆円と言われ、さらに3PL市場は1兆円規模だと記載されています。

素人目に考えれば、物流と言えば どうしても宅配業者やトラック業者を連想してしまいます。
宅配便の大手企業は3PLにも参入しているので、そのまま上位にランキングされます。
まずは、トップ10企業を触れてみます。

日本の3PL企業トップ10
日本の3PL企業トップ10


このデータ元は、物流専門誌LOGI-BIZ 2006年12月号を参考にグラフ化しています。
2010年掲載の最新情報を載せることも可能だったのですが、定期購読制の雑誌の一番知りたいランキング部分を一般公開するのも少々マズイかなと思いました。
しかし、4~5年前の情報であれば文句も言われないと思い、あえて最新情報を避けています。ご了承下さい。

あくまでも数年前の3PL動向を把握する意味で、今の3PLを想像して下さい。
最新情報が欲しい人は LOGI-BIZさんを購読して下さいな。(私しゃ LOGI-BIZさんの回しものか!)

クイズ形式にするため企業名はあえて伏せました。(後で記載します)

縦棒が10本ありますが、それぞれが左からトップ10企業になります。
参考までに、第2位(左から2番目)は日通、 第3位(左から3番目)はヤマトです。
売上げで1千数百億円って感じでしょうか。勿論、3PLだけの売上げです。

物流としての総売上であれば、第2位の日通さんがトップに踊りでます。
2010年7月1日からペリカン便はゆうパックに引き継がれるなど変動がありますが、トップ5までに日通、ヤマト、佐川の宅配便の有名企業が登場します。トップ10までなら福山通運も登場します。


このトップ10を累計すると8千億円を超えます。トップ30位迄の累計だと1兆円を超えます。
さて、2位の日通を越える企業とは何処でしょう?


« »