08:自分音楽レコード史

041 リチャード・ティー/ストローキン

スタジオミュージッシャンの集まりスタッフのキーボーディスト、スタッフでのアルバムは8枚、自己アルバムは5枚と少ないが、レコード参加アルバムなら400数近くになるようだ。

リチャード・ティー/ストローキン
リチャード・ティー/ストローキン 1978

リチャード・ティーの演奏奏法は非常に明快で、一聴するだけで彼だと分かる。
とにかくピアノの音が明るい。アップテンポな曲でも、スローなバラードの曲でも彼のピアノの音は澄んでいるため明るい。

一聴すると、ジョーサンプルの演奏より易しそうに思えるが、コピーしようとすると全然真似が出来ない。
アップテンポな曲は、左手でオクターブの同音を親指・小指で交互に奏でるオクターブ奏法が非常に印象的。この左手のオクターブ奏法は一見簡単に思えるが、途中で腕が引きつってしまう程ハードなのだ。

Richard tea Take The
Richard Tee /Strokin’ Take The A TrainのScore 1978

早々、Strokin’ を譜面を買って練習する・・・最初でつまづく。ノリが全く真似出来ない。やはり音楽の基礎がしっかり出来ていないと無理なんだね。

First Love のサビの部分は、良くバンドの練習中に遊びで弾いていた。これも左手のオクターブ奏法が特徴的だった。

尚、上は押入れから取り出した当時のアルバム・ストローキンの Take The “A” Train の楽譜。左手のオクターブ奏法が見て分かる。
1993年7月 49歳の若さで亡くなったのは非常に残念だ。

side 1
01. First Love 4:53
02. Every Day 5:24
03. Strokin’n 5:20

side 2
01. I Wanted It Too 5:02
02. Virginia Sunday 5:30
03. Jesus Children Of America 4:45
04. Take The “A” Train 4:43



Richard tea Take The
Stuffの(Do You) Want Some of This

この譜面は Stuff のアルバムの (Do You) Want Some of This だが、もうオクターブ奏法のオンパレード。手が完全にひきつってしまう。まずは筋力トレーニングからなのだ。(笑)


ピックアップ記事

  1. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  2. 010 うえの夏祭り2014
  3. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  4. 045 キース・ジャレット/ケルンコンサート
  5. 080 棚入れ保管(ラック編)

関連記事

  1. 08:自分音楽レコード史

    047 ザ・プレイヤーズ/ギャラクシー

    鈴木宏昌(コルゲン・バンド)が更なるグループ、ザ・プレイヤーズを結成、…

  2. 08:自分音楽レコード史

    006 カルメンマキ&OZ

    このレコードも絶対はずせない。私は風 のカルメンマキの高い歌唱力と日本…

  3. 08:自分音楽レコード史

    028 ツトムヤマシタ/GO、 GO TOO

    日本人を代表する打楽器奏者ツトムヤマシタのオリジナルアルバム。幼い頃か…

  4. 08:自分音楽レコード史

    057 松原みき/真夜中のドア

    自分が大学生の3年、4年の頃に流行った曲。ちょうどボーカル(男…

  5. 08:自分音楽レコード史

    160 松岡直也 & Wesing/ライブ アット・モンタレー・フェステイバル

    松岡直也は自分が学生時代から永遠の師であり、自分のピアノスタイルに最も…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  2. 046 うえの夏祭り2017
  3. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  4. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  5. 053 チャリティコンサート(写真)
  6. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  7. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  8. 041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  9. 040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  10. 014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
PAGE TOP