06:物流システム

022 次世代EDIは何か?

物流システム徒然記

さて、ANSI X.12、UN/EDIFACTやロゼッタネットなど有名どころを記載しました。
しかし、これらは海外ならまだしも 国内だけのデータ送受信にはあまり使われません。


これらの定義はみての通り敷居が高すぎます。
実際、多くの企業はもっと単純な定義でEDIをやり取りしています。(より実務に近いEDIは、別シリーズに随時記載していきます)

ご存知のように、今やインターネットは広く普及し、EDIもインターネット抜きに考えられない状況になりました。
ネットショッピングに見られる受発注システムは、今じゃインターネットの利用が当たり前です。

まだまだVANは健在ですが、昨今のインターネットの話題性に比べると どうしても一昔前の印象は拭いきれません。正直、話題性も低いです。

独断と偏見でVANとインターネットを比較しましょうか。


VANはどちらかと言うと大中企業向け、インターネットは中小規模企業から個人向けと言えますね。

オンラインバンキングによるインターネットサービスはありますが、やはり銀行間のデータ送受信はVANです。証券も信販系もクレジット系も基幹業務にネットワークを活用する企業はVANが中心です。

自動車業界や電気メーカー、エレクトロニクス関係の部品調達におけるEDIも、やはりまだ主流はVANのようです。
もっとも最近はインターネットに急速に移行しています。


信頼性と安定性を優先するか、コストを優先するかで仕組みは変わってきます。
とは言え、今後の技術の進歩によって、インターネットも多くの問題はクリアされることでしょう。
となれば、やはり今後はやはりインターネットになるでしょう。


馴染みのある身近な例で言うなら、メール添付/ウェブ/FTPの順に、EDIは利用されています。
やはり一番はメール添付による送受信が多いようです。何と言っても手頃です。


人間がデータを作ってメール添付で送受信することは当然出来ますが、コンピュータがEDIデータを自動的に作成してメール添付してデータ送受信することも、今じゃ一般的な仕組みなんです。
誰がやるかって? そんなのシステムが自動的にやってくれます。そういう風にプログラムを組んで仕組みを作るんです。凄い時代ですよね。

勿論、今だ電話とFAX健在の企業もあるにはあります。


何だかんだ言っても、これからのEDIはXMLをベースにしたものが中心になっていくでしょう。
例えば、今回取り上げた RosettaNet もそうですが、BizTalk や ebXML、cXML、xCBL などさまざまな規格が提唱されています。

もっとも、どれが主流になろうとも考え方の基本は同じです。


ピックアップ記事

  1. 053 チャリティコンサート(写真)
  2. 046 うえの夏祭り2017
  3. 023 事務所移転
  4. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  5. 127 在庫管理の失敗で会社が吸収

関連記事

  1. 06:物流システム

    239 3PL企業の熾烈な世界

    大震災の緊急輸送措置を悪用し、タダで高速道路を走るふとどき者がいる。…

  2. 06:物流システム

    009 取引企業の密接な連鎖が在庫をなくす

    物流システム徒然記いきなりですが、パソコンを構成するものは何が…

  3. 06:物流システム

    060 書籍のバーコード(その2)

    秋をどっぷり感じる季節もあり寒い日もあり、確実に冬に近づいているようで…

  4. 06:物流システム

    018 ANSI X.12 のEDIデータに触る

    物流システム徒然記前回も触れましたが、EDIには色々な種類があ…

  5. 06:物流システム

    093 摘み取りと種まき

    注)当時の内容をそのまま反映しています。そのため指定したURLは既…

  6. 06:物流システム

    100 ロケーションを割り振ろう

    またまた1週間のご無沙汰です。巷は相変わらず景気が悪いですね。想像…

コンピュータ体験記

PAGE TOP