248 デルスタイルをシステムにすれば

06:物流システム

物流システム奮闘記

前回のデルコンピュータの仕組みをシステム的にイラスト化します。

システム的にもっと細かくデータの流れを記載できますが、細かすぎないほうが分かり易いと思いこの程度にまとめました。内容はイラストの通りですが、簡単にコメントをします。

デルスタイル


まず、我々消費者がインターネットを利用して、オンラインショッピングを行います。

昨今はデルに限らず受注生産方式のサイトは無数にあります。
お手軽なところでは、ハンコ屋、表札屋、名刺屋などもそうですね。
中には花屋だってサービス提供しています。何でもサービスありの時代ですね。

これら全て スケールは小さいながら、BTO(Build to Order)の一種です。

デルのサイトを見れば分かりますが、注文してから僅かな日数で製品が手元に届きます。
近所の電気店で購入するのと大差ありません。

必要最低限の部品を確保し、新たな部品調達が発生しても 僅か1~3日、組み立てを入れても部品から製品に於ける在庫期間は10日もありません。(なかには8日と記載されているサイトもあります)

注文してから出荷するまでが10日の意味じゃなく、棚卸資産が10日ってことです。注文してから納品までなら僅か数日です。

生産指示も1日に何回も行います。これにより正確な生産計画が行われます。

成功の決め手はITです。
データ化されていなかったら絶対実現不可能です。
この大規模なシステムを回転させるには裏方の物流業者もかなり大変なことでしょう。


これだけ在庫期間が短いと凄いことがおきます。
お金が出て行くスピードより、入って来るスピードの方が早いのです。

サイトには、サービス体制24時間365日テクニカル電話サポート、必要とあらば即座に出張修理します・・・とのこと。(ホントかいな。まさに本当だったら凄いことです。)


(おまけ)
最近、某メーカーのレーザープリンターが故障しました。
コールセンターとのやり取りの末、修理に出すことになりました。
持って歩ける大きさのプリンターではありません。修理センターも関東にありません。

困ったあげくメーカーに相談すると、メーカーから大きな返却用カラ段ボール(中には緩衝材付き)が送られてきて、それに入れて配送業者(黒ネコさん)が修理のため往復をする。
こんな感じになりました。

なるほど・・・比較的大きな機器なら便利です。実に便利な世の中になりました。

このメーカー対応に感激し、次の購入もこのメーカーにしようと思っています。


« »