002 パンチマシン (大型汎用機2)

03 : コンピュータとシステム

パンチカードの紹介をしたが、その紙カードに穴を開ける機械が必要だ。

パンチマシン
 

まさにこれ! パンチルームにこの機械があった記憶がある。

紙カードを画像の左上に束ねて置いて、手前のキーボードで文字を入力すると左側から順番に穴が開けられる。

一部の文字だけ変えて他は同じ文字を打つ機能があった。
元になる紙カードを片方に並べ、「ダッダッダッ!」と一気に同じ穴を開けられた。
特定の箇所まで来ると手動でレバーを上げて止めて、その箇所だけ違う文字を打つ。
再度最後まで「ダッダッダッ!」と同じ文字の穴を開ける・・・意外と一部だけ異なるが、他は同じのカードって存在したもんだ。

リターンキーで画像の右上に1枚1枚自動的に重ねられた。

昔のコンピュータ機器
A 紙カードリーダー
80桁からなるパンチされた紙カードは数百枚に重ねて、カードリーダーと呼ばれる機械に読み取られる。銀行でお札が読み取られるようなスピードだ。

B パンチマシン
最初の説明した内容を参照

C キーパンチャー
70年代、80年代前半まで存在する職種、何と70年代は花形職業でもあったのだ。
「フーテンの寅」第1作の妹さくらの職業もキーパンチャーの設定だった。
映画で寅さんは「ああ、キーパンね、これからは電子よ」なるセリフを語ったのが面白い。

80年前半頃からモニターを見てキーボードから直接打ち込む方式に変わり、一気にこの職業は姿を消してしまう。
私の当時の記憶では確か紙カード1枚80円位だったかな?(かなり曖昧な記憶なので、決してこの価格は引用しないように!)

D 紙テープ
紙カードは高額なので紙テープが使われることもあった。

写真提供(使わせて頂きました、有難うございます)
パンチカードの写真
メインフレーム)の歴史の写真


« »