08:自分音楽レコード史

164 松岡直也/午後の水平線

松岡直也グループの名盤 見知らぬ街で を超えるアルバム、A FAREWELL TO THE SEASHORE ~ 午後の水平線見知らぬ街で のアルバムから僅か半年後の発売だ。

中森明菜にミ・アモーレの曲を提供し、中森明菜がレコード大賞を受賞するなど、この頃の松岡さんは音楽活動の中で頂点だったかもしれない。

松岡さんをメジャーになる前から知っていた自分にとって、ウイッシング路線から離れ、聴き易い音楽に進んでいくことに若干の寂しさはあった。
特に Free Voyage あたりになると、わたせせいぞう/ハートカクテルの序章曲になっている。

午後の水平
松岡直也/午後の水平線 1983.4

午後の水平線 のシングルトーンのピアノが切ない。
海の波の音から始まる The Last Summer Day は、午後の水平線 の裏メロディーを感じさせる。

ちなみに新入社員の頃、品川の大きなホテルを貸し切って行われた会社の忘年会で演奏した曲でもある。シャカタクの Night Birds 等とともにピアノ中心の曲を数曲やった。

午後の水平 上の写真は当時買った楽譜集、このメロ譜のコードはバンド演奏の参考にした。

Evening Calm、Monologue、The Last Summer Day を聴いていると、松岡直也の原点は全てウイッシング時代であることが分かる。メロディが持つイメージが同一線上にあるのだ。

いずれにせよ、このアルバムは松岡さんの中で一番売れたアルバムであり、お奨めアルバムだ。


1 Sunspot Dance
2 A Farewell To The Seashore
3 Maple Wind
4 Oblivion In The Sand
5 Evening Calm
6 Free Voyage
7 Monologue
8 The Last Summer Day


ピックアップ記事

  1. 075 会社の後ろは隅田川
  2. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  3. 045 徹夜!徹夜!徹夜! (SE #3)
  4. 021 サラリーマン人生
  5. 023 事務所移転

関連記事

  1. 08:自分音楽レコード史

    010 ピンクフロイド/狂気

    ピンクフロイドの傑作、プログレッシブ・ロックの頂点の一つ。…

  2. 08:自分音楽レコード史

    012 リック・ウェイクマン/ ヘンリー八世の六人の妻

    イエスのキーボーディスト、リック・ウェイクマン。「ヘンリー八世の六…

  3. 08:自分音楽レコード史

    055 ジョー・サンプル/カーメル

    最初のソロアルバムが名盤だと大抵の場合、2作目はがっかりすることが多い…

  4. 08:自分音楽レコード史

    032 10cc/愛ゆえに

    前々作のアルバム The Original Soundtrack は名…

  5. 08:自分音楽レコード史

    005 四人囃子

    自分が高校2年か3年生の頃、バンドをやっていた頃のコピー曲、四人囃子の…

  6. 08:自分音楽レコード史

    007 クリエイション

    ギタリスト竹田和夫率いるクリエイションも日本のロック界に欠かせない。…

自分おすすめ記事

  1. 2018.01.26

    073 商売と経営
  2. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 075 会社の後ろは隅田川
  2. 032 営業の神様
  3. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  4. 046 うえの夏祭り2017
  5. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  6. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  7. 053 チャリティコンサート(写真)
  8. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  9. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  10. 041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  1. 02:ビジネス

    013 祝!世界ジオパークがユネスコ正式事業化
  2. 07:東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  3. 07:東京と新潟

    040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  4. 02:ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  5. 07:東京と新潟

    047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
PAGE TOP