03 : コンピュータとシステム

005 COBOLとFORTRAN (大型汎用機5)

COBOL・FORTRAN系汎用機開発者、現在の50代以降の技術者なら多くの人が経験したコンピュータ設置ルームだ。

私が20代の頃、大きなフロア全面に並んでいた。
手前のパソコンの型を考慮すると85年前後のコンピュータルームと推測する。

奥に磁気テープが回っている。
何となく格好良いイメージに思えなくもないが、この記憶能力や処理能力を知ると、現代の若者は間違いなく耳を疑うだろう。

マシンは空調の効いた部屋に鎮座し、開発部署にダム端末が何十台と並べられてプログラムや処理を実行していたのだ。
今もCOBOL系を中心に大型汎用機は生きているので、まだこうしたコンピュータルームは存在している。

但し、現役を汎用機から退いて年月が経過するので、奥に見える磁気テープや手前に見えるプリンター装置は格段に性能がアップし、大きく大きく姿を変えているはずだ。

 

こちらは更に古い1970年前後の写真。この時期の私は少年期だったため、このようなマシン室は体験していないが、磁気テープが多く活躍していたことがイメージ出来る。

磁気ディスクが高価な時代だったため、必然的に磁気テープが多用された。
80年代の頃は、INPUTとOUTPUTの両方を磁気テープを指定する業務処理を行ったことがある。

磁気テープを読み込む/処理を行い/結果をテープに記録していく。
テープの回転速度は想像できると思う、当時の磁気テープの記録密度も何となく想像出来ると思う。であれば、データ処理速度も大よそ想像出来ると思う。所詮、その程度の処理速度なのだ。

処理が集中すると夜間勤務のオペレーターに依頼しておくのが一般的だった。


ピックアップ記事

  1. 127 在庫管理の失敗で会社が吸収
  2. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  3. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  4. 053 チャリティコンサート(写真)
  5. 027 倉庫業務の流れを知ろう

関連記事

  1. 03 : コンピュータとシステム

    043 未経験がSEになるまで (SE #1)

    私が大学卒業して初めて社会人になった会社は、大手ソフトウェア開発会社だ…

  2. 03 : コンピュータとシステム

    027 Windows3.1 (DOS/V #2)

    ついに来るべき時代が来る。DOS/Vの黒船襲来、80486CP…

  3. 03 : コンピュータとシステム

    017 COBOL から C言語 4

    これまで、当時の大型汎用機のCOBOL言語からC言語に移行する際の感想…

  4. 01:社長ブログ

    043 近未来の身につけるコンピュータ

    もはや未来の話でも何でもない話、既に実用化されていて一般家電量販店で売…

  5. 03 : コンピュータとシステム

    036 マイクロソフトのWindows OS 戦略

    これまで大型汎用機から始まって、ノンストップコンピュータ、ユニックス系…

  6. 03 : コンピュータとシステム

    032 ブラウザ戦争

    あえてブラウザ戦争なる言葉を定義するなら、Windows95の時代にな…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  2. 046 うえの夏祭り2017
  3. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  4. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  5. 053 チャリティコンサート(写真)
  6. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  7. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  8. 041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  9. 040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  10. 014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
PAGE TOP