225 リチャードティー/35年以上前の空間へ

08:自分音楽レコード史 ピックアップ

ちょっと感慨深い話をする。

この社長ブログは私が気ままに徒然に起こしているものだ。若い頃の音楽レコード史もカテゴリーを分けて一緒に載せている。

ビジネスに全く関係ない内容は載せるべきではないと批判する人は多いと思う。
しかし、私が若い頃の経験した音楽は自分の歴史であり、それも丸ごと含めて自分が形成されている。当時の経験があり今につながっている。これも私を語る上での重要な情報だ。むしろ音楽の好きな楽器演奏経験者が仲間に入って欲しいくらいだ。

上場企業の社長にでもなれば、こんなこと許されないだろうが、小さな企業だから出来るのだ(笑)。

Richard Tee
2017年6月初頭のはなしだ。
『 突然のメールにて、失礼いたします。
○○会社の○○と申します。
榊社長のブログを拝見して、メールを送付させていただきました。

実は、Stuffの(DoYou)WantSomeOfThisの楽譜を探しておりまして、
その結果、榊社長のこのブログ記事に辿りつきました。』
 ~ 以下省略 ~


キーボード・マガジン1979年10月号に掲載されていたのは分かったが入手困難、国会図書館でも入手困難、神保町の古本屋でも入手出来ず・・・最後の手段で私に連絡してきたとのこと。

御社に伺いますので楽譜を手に入れることは出来ませんでしょうか・・・と。素性を何も明かさない人の場合、そのままにしてしまう場合が多いのだが、氏名は勿論、会社名、自分のfacebook、電話番号等が記載してあった。

Richard Tee

実は、過去にリチャードティーに関して同様なメールを頂いていた。てっきり同じ人だろうと思っていたのだが、全く別人だった。今回で3人目になるのだ。
今回の方は(DoYou)WantSomeOfThisだが、他の方は Richard Teeが弾く Take The A Train の譜面が欲しいとか…。

ジョーサンプルとかデイブグルーシンの譜面も載せているのに、何故 リチャードティーなの?と思う訳だ。
Richard Tee
『早々、押入れから取り出しました・・・沢山の楽譜があります。
Joe Sample、Keith Jarrett、Bill Evans・・・若い頃のユーミンなども。
有名どころは今でも簡単に手に入るでしょうが、Richard Teeは既に時代に消えていく人なのかな?寂しいですね。
何分 私の学生時代の頃の譜面ですので、35年以上経過しています、紙が黄ばんでいますが、ご愛嬌として下さい。』

と、SCANした譜面をダウンロード出来るように返信した。

Richard Tee
『積年の恋人と会うことが出来ました。
ダウンロード実施出来て、35年以上の時空を超えて、手元にある喜びをかみしめております。
心より感謝申し上げます。

是非、榊社長にはお礼をさせて頂きたいので、1度タイミングを見てお伺い出来れば幸いでございます。』

Richard Tee
勿論、今回の件で謝礼なんか一切貰っていない。来社されてお礼なんか要らない。
純粋に自分の熱中した時代の音楽を他の人が演奏したいと思う心意気が嬉しいじゃないですか。楽譜をコピーして人に渡すことは、本来は違法になるのだが、既に売買されていない譜面なんだから許して貰えると勝手に思っている。

Richard Tee
しかし、リチャードティーだけ問い合わせがあるのは何故なんだろう?
ちなみに当ブログでアクセスランキングが多いのは圧倒的に物流ブログ。上位は殆ど物流ブログが独占している。
物流ブログは当時の上場大手企業の情報システム部で輸出入システムの倉庫管理システムの設計開発に得た知識をベースに記載しているが、今でも通用する内容が多いのだろう。

Richard Tee
音楽レコード史は、やはりリチャードティーがぶっちぎり、3位のキース・ジャレットより多い、2位は何とサザンに関する記事となっている。ぶっちぎりと言っても物流ブログの数字には適わない。

肝心の社長ブログやビジネスのカテゴリーのアクセスはと言うと、下も下。寂しい限りの状態。おいおいビジネスのほうがアクセス上位じゃないのはマズイんじゃないの? 確かにちょっとマズイよなあー。

どうやら物流専用ブログでその薀蓄を語った方が商売になるようだ(笑)。


« »