03 : コンピュータとシステム

012 ワークステーション (UNIX-workstation 1)

大型汎用機の話しをしていると、凄く昔に感じる。
しかし、UNIXワークステーションの話しを始めると急に現代のコンピュータに近づいてくる。
UNIXワークステーションは、1980年代から1990年代頃に活躍した。

勿論、この頃は汎用機も立派に活躍していたが、UNIXワークステーションやパソコンが徐々に一般に浸透し、それぞれが住み分けて進化していくことになる。

UNIXが搭載されたワークステーションは、科学技術計算、グラフィックデザイン、CADなどを扱う分野の高性能マシンだった。

NECスーパーステーション EWS4800/460

特に科学技術計算向け EWS(Engineering Workstation)が活躍したもんだ。

私は残念ながらUNIXワークステーションを業務で使った経験は1度しかない。
某銀行本店(何と丸の内本店に通っていた)のリスク管理システムに、UNIXワークステーション(C言語開発)で使用した程度だ。

それ以外と言えば、社内開発で制御システムグループが扱っていたUNIXワークステーション位しか知らない。
事務処理にUNIXワークステーションを使う機会は殆どなかったのだ。

COBOL技術者がC言語にいきなり転向することは非常に難しい、そもそも言語の概念が全く異なる。
OSの違い以上に、C言語の考え方がCOBOL言語と大きく違うからだ。

COBOLなど学ばず、新入社員であればC言語から学んだほうが理解は早い。
C言語はJava等にも通じるので意味はあるが、COBOL言語は全く応用が効かない。むしろオブジェクト指向にCOBOL言語の知識は邪魔でもある。

COBOL系からの転換組だった私は頭の切り替えに本当に苦労した。
仕事先のトイレに駆け込み思い悩んだ程プレッシャーの連続だった。銀行本店のトイレは物凄く綺麗だった。思い悩むには良い場所だった。

現場は銀行であり労働環境はずば抜けて良かったが、成果物が出せない。
これほど惨めなことはない。

にわか勉強で帰宅後に疲れた体で勉強をしたもんだ。休日は朝から晩まで読書漬け、1ヶ月位で3冊のUNIX専門書を読破するくらい勉強した。その位自分に危機感を持った。

もともとUNIXはキャラクタベース、X Windowが開発され、現在のWindows的な動作環境は超刺激的だった。
とにかく格好良い、UNIXワークステーションはコンピュータユーザーには憧れのマシンだった。


ピックアップ記事

  1. 127 在庫管理の失敗で会社が吸収
  2. 014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  3. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  4. 022 トップの責任
  5. 045 キース・ジャレット/ケルンコンサート

関連記事

  1. 03 : コンピュータとシステム

    055 迷走!情報処理技術者試験 #5

    試験制度の大幅変更に落胆したのは私だけかもしれないが、6年半で制度が改…

  2. 03 : コンピュータとシステム

    047 資格はあるほうが良いのだ (SE #5)

    SE候補になれば、最初はプログラム開発中心であっても、仕様書作成、基本…

  3. 03 : コンピュータとシステム

    058 マイクロソフト認定資格はどうだ #8

    履歴書の中で一番お目にかかるのが、マイクロソフト認定資格 MOS(Mi…

  4. 03 : コンピュータとシステム

    045 徹夜!徹夜!徹夜! (SE #3)

    今はどうだか知らないが、かって『SEになるには強靱な体力が必要である』…

  5. 03 : コンピュータとシステム

    038 1995年のPC市場

    OS/2 Warp が登場する時代は、Windows3.1が市場に浸透…

  6. 03 : コンピュータとシステム

    052 情報処理技術者試験を振り返る #2

    前回、「試験が2種・1種・特種・システム監査だけの4区分の時代」と記載…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  2. 046 うえの夏祭り2017
  3. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  4. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  5. 053 チャリティコンサート(写真)
  6. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  7. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  8. 041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  9. 040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  10. 014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
PAGE TOP