014 COBOL から C言語 1

03 : コンピュータとシステム

COBOL言語を C言語で書き換えたらどうなるかをやってみた。


それぞれ代表的な命令のひとつであるCOBOL言語のPERFORM VARYING 文とC言語のfor文。
1から100までの数字の合計を求めるプログラム。

COBOLは大文字だがC言語は小文字を使用するのが一般的。
いきなり基本的な考え方から違っている。

繰り返しの部分を見て欲しい。
COBOLは  I > 100 だが C言語は i <= 100 になっている。
何と大小記号の向きが違う。

しかし、こんな違いは覚えれば済むことなので大したことない。
多くのCOBOL技術者が乗り越えられない高い壁が幾つも存在するんだな。


« »