01:社長ブログ

076 伝統芸術 文化力

去る6月15日 水道橋の文京シビックホールで伝統芸術 文化力 聲(こえ)のフェステイバルがあった。

聲のフェステイバル
聲(=声)であり、文字通り声だけのコンサートだ。文京区社会教育関係団体の主催者 木村紀子さんから声をかけられての取材撮影だ。

聲のフェステイバル
11グループが登場し、語りだけのコンサート。舞台演出は殆どなし、ステージの緞帳の上げ下げも一切なし、出演者の半分近くは椅子に座って朗読だけ。著名なコンサートホールで実に素朴な味わいのあるステージだ。

聲のフェステイバル
派手な演出に慣れてしまった現代人 特に若者には、言い方は悪いが退屈なはずだ。しかし、これこそがステージ演出の原点のはずだ。

聲のフェステイバル
例えば、生誕146年「樋口一葉 琴の音」の舞台女優 荒川ヒロ子さん、生誕126年「芥川龍之介 蜘蛛の糸」の舞台俳優 堀越健次さん、奥の細道、金色夜叉、雨ニモマケズ・・・改めて朗読されて聴くストーリーに頭の中でイメージするものがある。

聲のフェステイバル
お金を掛けた派手な演出は確かに見ごたえがあって楽しい。しかし、100年以上前 一般大衆の娯楽はたかだか知れている。こうした話を聞く事は贅沢な娯楽のひとつだったはずだ。

聲のフェステイバル
学生の頃から文学に全く興味のない私が言うのもおかしな話だが、やはり現代まで語り継がれている作品は何かが違う。100年後、200年後も守り続けていかなければいけないと思う。

聲のフェステイバル
当然のことかもしれないが、来場される方は年配者が多い。しかし、その中に若い人が混じっていると嬉しくなるのは何故だろう。「出演者の関係者だから来ました」なんて言葉聴きたくないけどね(笑)。

聲のフェステイバル
仕事の1割は、こうした撮影や編集を行っている。音や映像に興味がある人なら楽しい職場のはずだ。


ピックアップ記事

  1. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  2. 040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  3. 075 会社の後ろは隅田川
  4. 045 徹夜!徹夜!徹夜! (SE #3)
  5. 080 棚入れ保管(ラック編)

関連記事

  1. 01:社長ブログ

    017 国立科学博物館

    5月3日 GW 仕事の気分転換に国立科学博物館へ。最初から国立科学博物…

  2. 01:社長ブログ

    008 ネットに距離は無関係

    8月18日-21日、打ち合わせを兼ねて地元に出掛けた。田伏の坂の上…

  3. 01:社長ブログ

    042 ちゃんこ料理屋

    5月27日(金)、久しぶりの会社飲み会。となり駅の両国駅近くの…

  4. 01:社長ブログ

    002 仕事のピークは40歳?

    本当に好景気なのか? 偽りの好景気なのか? 正直、まだ分からない。…

  5. 01:社長ブログ

    030 謹賀新年

    新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げ…

  6. 01:社長ブログ

    022 トップの責任

    日本の企業数は250万社あると言われているが、大企業が1%、何と99%…

自分おすすめ記事

ちょっと気になる記事

ピックアップ記事

  1. 006 就活と企業人気ランキング
  2. 075 会社の後ろは隅田川
  3. 032 営業の神様
  4. 047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  5. 046 うえの夏祭り2017
  6. 225 リチャードティー/35年以上前の空間へ
  7. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  8. 053 チャリティコンサート(写真)
  9. 043 近未来の身につけるコンピュータ
  10. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  1. 07:東京と新潟

    040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)
  2. 07:東京と新潟

    047 根知の花嫁(手作りの結婚式)
  3. 02:ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  4. 02:ビジネス

    013 祝!世界ジオパークがユネスコ正式事業化
  5. 01:社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
PAGE TOP