03 : コンピュータとシステム

022 MS-DOS/Windows (PC4)

この写真は1993年11月7日の東京の引っ越す前の我が家の写真。

私の母親と姉(子供3人連れて)が我が家に来たときに撮影したもの。
写真に写っているのは姉の子供達2人。



右が前回記述した EPSON PC386で、左の少し大きめなディスプレイは当時話題となったWindows3.1(DOS/V)だ。
と言ってもパソコン本体は隠れて、見えているのはモニターだけ。

左の Windows3.1 は、秋葉原のショップブランドで購入したもの。
CPU  80486DX2/66MHz
メモリ  8MB
HDD  250MB
解像度  1024 * 768
サウンド 購入時なし(後日、Sound Blaster購入)
CD   購入時なし(後日、2倍速のCDドライブ購入)
OS   DOS/V、Windows3.1
17インチモニターを同時購入

スペックだけ見ると一気に性能は向上した。
おまけに価格も秋葉原のショップブランドで購入した関係もあり、高性能でありながらモニター含めて50万円を割った。

Windows3.1は、今となっては実にシンプルな構成。
まずDOS/V上(MS-DOS上)で動かす仕組みだった。


現在のパソコンの歴史を振り返って、一番コンピュータが面白く楽しかった時代だったと思う。
当時のパソコンは おもちゃみたいにシンプルだったのだ。

後ろ側の棚に、日経コンピュータ(下段左)、日経パソコン(下段右)、日経バイト(上段左)、日経オープンシステム(上段右)の4誌が並んでいる。
当時4誌を同時購入していた。勿論 個人購入。隅から隅までチェックして、物凄く貪欲に情報を収集していたと今でも思う。

凄いのは覚えられたからだ、今だと読んでも半分は覚えられない。


ピックアップ記事

  1. 023 事務所移転
  2. 078 2045年は、人類の技術的特異点
  3. 045 徹夜!徹夜!徹夜! (SE #3)
  4. 046 うえの夏祭り2017
  5. 043 近未来の身につけるコンピュータ

関連記事

  1. 03 : コンピュータとシステム

    003 大型汎用機全盛時代 (大型汎用機3)

    前回 古き良き時代、紙カードや紙テープを使ってコンピュータにデータを入…

  2. 03 : コンピュータとシステム

    028 PC98互換機騒動 (DOS/V #3)

    当時、圧倒的な隆盛を誇っていた国民機 NEC-PC98 は、DOS/V…

  3. 03 : コンピュータとシステム

    052 情報処理技術者試験を振り返る #2

    前回、「試験が2種・1種・特種・システム監査だけの4区分の時代」と記載…

  4. 03 : コンピュータとシステム

    046 プログラマーのプロ意識 (SE #4)

    私が自分の作業がSE職と感じるようになったのは、上司から与えられた作業…

  5. 03 : コンピュータとシステム

    029 国民機NECの撤退 (DOS/V #4)

    NECはさまざまな手段で、PC国民機の意地を守ろうとした。しかし、…

  6. 03 : コンピュータとシステム

    074 未来のコンピュータ #7

    ここまで数回に渡って記述した内容は、私の過去のコンピュータ経験によるも…

PAGE TOP