RECENT POSTS

078 2045年は、人類の技術的特異点

03 : コンピュータとシステム ピックアップ

2045年が人類の技術的特異点だって?

昨年あたりからIoT(特に制御系システム)の案件が実に多い。
2020年の東京オリンピックに向けての東京の街を IoT で変えていこうとしていることが良く分かる。


正直、IoT の言葉はピンとこない。


数年前にネットワーク機器会社のシスコ社がしきりに使っていた IoE の方が分かり易い。Internet of Everything だからだ。

関連書籍を数冊読んだ。
一見、薔薇色ような内容だが読み進めていくと、行きつく未来にとても気になる点が記されている。
2045年には人類の開発した技術が限界に到達すると予測されているのだ。これを技術的特異点(Technological Singularity)と呼ぶらしい。
特異点なんて言うとビッグバンやブラックホールなどを思い出してしまう。


要は、コンピュータ技術の物凄い進歩で人間の開発した技術が限界に達し、人類を超える究極の人工知能が発達し、その人工知能は人間より優秀な人工知能を開発していく。
これって、ターミネーターのスカイネットが人類の終焉を提示していた映画と同じじゃないの?

凄いのは大真面目に既に多くの企業が研究開発しているってこと。
グーグルしかり、マイクロソフトしかりだ。
しかし、ビルゲイツらもこの進歩には脅威を抱いている一人らしい。

そんな未来を見るには、2045年まで生きなきゃいけない。あと30年近く先だ。ちょっとなあ~。

30年後は、どうも今の常識で考えられない世界になっているようだ。
ああ、実に末恐ろしい・・・。

とりあえず、2020年の東京オリンピック時に IoT システムがどこまでになっているかだ。

038 ネット通販と物流支援サービス

04:ウェブ戦略 06:物流システム

ネット通販で商品を買った場合、切っても切れない関係にあるが宅配業者だ。

しかし、昨年2015年3月末でクロネコメール便が廃止になっていることを知らない人は少なくない。その廃止に至った理由が何とも皮肉だ。
まず メール便廃止の理由 はこれだ。


メール便が廃止に伴い、クロネコDM便、宅急便コンパクト、ネコポスなる新サービスを商魂たくましく即開始している。

宅配会社はネット通販会社にもしっかり食い込んでいる。
例えば前回紹介した、メルカリフリル にもしっかり業務連携している。

もっとも大手のネット通販会社の殆ど全ての企業は、宅配会社と連携を強化している。商品をお届けするのはビジネスの生命線だからだ。
勿論、佐川急便や日本郵便もしっかり独自サービスで攻めている。


ネット通販を考えているなら ヤマト運輸の YES! (Yamato Ec Solutions)のオールインワンの通販パッケージサービスも参考になる。端的に言えば、受注~配送~決済 まで対応するサービスだ。


物流の話になるとあれこれ記述したいところだが、ECサイト上の在庫管理までサービスの対象になっているようだ。
サービス内容の充実ぶりには目を見張る。ソリューション紹介 や事例紹介を見れば、自社のビジネス戦略に活用できる。


大手企業だけと思われがちだが、小さな企業にもEC業界を支援してくれる。ネット通販業者には強い味方になりそうだ。

037 たかがフリマアプリ、されどフリマアプリ

04:ウェブ戦略

フリマ(フリーマーケット)が商売になるって?
ひと昔前の企業なら相手にしないビジネスだが、時代は確実に変わった。フリマアプリが立派にビジネスと成功できる時代になっている。


少し前に六本木ヒルズに仕事で出かけた。写真手前にある階段を上がって奇妙な蜘蛛のビジュアルアートを超えてエントランスに入ると、ヒルズに入居している企業のプレートが掲げられている。

そこにメルカリなる名前を見つけた。地味な名前だが、「へえ~、あのメルカリも六本木ヒルズに入居しているんだ。凄いな」と思った。

メルカリ
メルカリ/クリックすれば該当サイトに飛びます

日本最大のフリマアプリを運営している企業だ。ひと昔前の大企業では到底ビジネスとして考えない分野なのだ。スマホ上で気軽に売買(コミュニケーションを楽しむ)しているのだ。

僅か2013年に設立したばかり。失礼だが たかがフリマアプリでありながら、125億の資本金で六本木ヒルズに居を構えられることが凄い。今年3月時点で 2500万のアプリダウンロードがあり、月間100億円以上の流通額になるという。目の付け方が違う。


フリル
フリル/クリックすれば該当サイトに飛びます

こちらもフリマアプリとしては有名なフリル。最初は女性向きだったが、昨年から男性にもターゲットを広げた。
450万のアプリダウンロードで月間5億を超える流通額がある。


ZOZOフリマ
ZOZOフリマ/クリックすれば該当サイトに飛びます

ZOZOTOWNのスタート・トゥデイが2015年12月にスタートしたばかりのアプリZOZOフリマ。始まったばかりなので、ダウンロード数も月間流通額は、先に述べたメルカリやフリルに及ばないが、ZOZOTOWNのWEARの月間利用者数がそのまま利用者になる可能性も高く、今後が期待できる。

昨今のIT系は、ビジネス寄りのシステム開発よりウェブシステム開発、それもこの手の一見ビジネスにならないようなアプリが急成長している。

ホンダやソニー、ひと昔のビジネスモデルが全く通用しない時代となった。
自分ももっと頑張らなきゃな。

041 オペラ 小天地

01:社長ブログ

オペラ作曲家の仙道作三さんのオペラ「小天地」
5月14日(土)、日暮里サニーホール がある。

ステージ背部のスクリーン映像の件で、突然お願いがあった。
比較的簡単なお願いだったので間に合いそう。

オペラ 小天地


オペラ 小天地


オペラ 小天地
画像データ群

当日はビデオ持参で出掛けます。

でも、冷静に考えると視覚に凝った演出ができそう。
プロジェクションマッピングは無理としても、歌と演奏とステージ背部の映像をシンクロさせる演出ならかなり低コストで出来そう。
 

040 帝釈天散策と「結婚できない男」

01:社長ブログ

ゴールデンウェーク前半、気分転換に比較的近くの柴又界隈を散策した。
柴又駅から帝釈天に行く途中に「ハイカラ横丁」なる駄菓子屋さんがある。

ハイカラ横丁
昭和30年代の生まれの人になつかしい食品や駄菓子等がところ狭しと並ぶ。
今のボンカレーのパッケージはこれだったけ? 勿論、どれもしっかり賞味期限内なので食べられるものばかりだ。

ハイカラ横丁
自分が小さい頃、5円や10円で売っていた駄菓子だ。
大人には懐かしく、子供にはおもしろいはずだ。しかし、これらを一体どこから仕入れてくるのか?

ハイカラ横丁

ハイカラ横丁

帝釈天参道
個人的に もう何百回と往復したと思う帝釈天参道。風情がとても趣があるけど、建物の老朽化がとても進んでいる。まさに昭和30年代だ。
だんご、せんべえ、飴 などは結構 売れると思うが、商売っ気のないお店もある。1日の通行量は結構あるんだから若い人に世代交代すればもっと売れるようになると思うのに…。

帝釈天参道
今から10年前の2006年7月から9月に放送された「結婚できない男」、桑野信介を演じる阿部寛さんのドラマの2話にこの柴又が登場する。

帝釈天参道
いつだった忘れたが、今日みたいに柴又を散策していたら、テレビが取材をしていた。
私は出歩くときはデジカメを持って歩く習慣があって、当日も持って歩いていた。

帝釈天参道
ちょうどこのシーンの時、ドラマ撮影をしているのを知らずに境内に入って境内を撮影しようとしたら、知らない若い男に撮影を阻止された。直ぐに事情は理解したが、最初は意味が分からなかった。

これは、はとバスに偶然乗り合わせた阿部寛さん 夏川結衣さん 及び はとバスに乗っている観光客(役者さん)らが柴又帝釈天での とあるシーンだ。
この後ろ側にドラマ撮影していることを知らずに私が立っていた。

手前の集団は、テレビに登場する はとバス観光客の役者。それ以外は、純粋に帝釈天に訪れた参拝客になる。よって、もっと私が奥まで進んでいたら自分も写っていたかもしれない。

帝釈天参道

帝釈天
テレビドラマはこんな感じのシーンだから「阿部寛さんをしっかり見れたんだ」と思うかもしれない。
しかし、撮影関係者人に勝手に制止されていたため殆ど見れなかった。
正直、阿部寛さんを見たいと思ってカメラ持って歩いていた訳ではないのだが。

帝釈天
こちらは、本日の帝釈天だ。

041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)

07:東京と新潟 ピックアップ

時間は前後するが、先日の動画は春だったが、冬の世界も紹介しようと思う。
このドローン上空撮影も郷里の赤野さんの動画によるもの。

糸魚川白銀の世界糸魚川白銀の世界 2016
movie : Ryuzou Akano

今年2月8日の冬まっただ中の雪化粧の映像だ。前回の映像と比較するとその違いの差がはっきり分かと思う。

雪国で生活する人は、雪から解放されて穏やかな春の訪れに心が躍る。
都会の生活しか知らない人には、この気持ちは理解出来ないだろう。春の到来は本当に心が躍ったもんだ。

東京で生まれ育った人にこの映像を見せたら、「素敵! ここに見えている家で住んでみたいわ」と言った。
但し、直ぐ次の言葉が出た。「でも2~3日が限界かもしれないわ」と。

雪国を知らない人なら「まあ、そうだろうなー」と、私も思った。

040 いといがわ春探訪(ドローン上空撮影)

07:東京と新潟 ピックアップ

自分の郷里にもようやく春が来た。

郷里での写真や動画の協力を頂いている方からのドローンによる上空撮影。
東京は規制で上空撮影は面倒なことも少なくないが、郷里だとドローン規制は全くない。

いといがわ春探訪いといがわ春探訪 2016
movie : Ryuzou Akano

弊社はプロカメラマンも抱えているが、故郷の渡辺さん(写真)や赤野さん(動画)から、殆どプロ顔負けの高いクオリティのデータを頂く。

彼らも積極的に情報発信しているが、彼らはお金で動いていない。純粋に故郷を宣伝したくてボランティアとして対応しているものばかりだ。
その理由は簡単だ。みんな故郷が大好きだからだ。

この気持ちは生まれ育った故郷を出て、東京で働く人であれば理解できると思う。

まだ、山間部には雪が沢山残っているのが分かると思う。
驚くことに山の奥に車を走らせると、8月になってもこの雪を見ることが出来る。

039 3G、LTE、4Gそして5G

01:社長ブログ 03 : コンピュータとシステム

携帯電話を使っていると 3G とか LTE とか名前だけ何となく知っている。これは移動通信技術の規格であり簡単に言えば速度の違いだ。
 
G とは Generation の意味だけど、元々ドコモが3Gから 将来登場する4Gの一歩手前の技術として LTE が登場した。しかし、LTE と 4G の差が無くなり、今はLTEも4G も同じ扱いになっている。
 


そして、近未来に5Gが登場する。最近のIT業界は IoT関連案件も多く、更にウェブ絡みのシステムやスマホアプリの案件がやたら目立つ。
 
IoTに関しては、東京オリンピックに向けてのサービス案件が目立つ。5Gも東京オリンピック前には一般的になるはずだ。
 
ようやく4Gが普及してそのスピードに安堵したばかりなのに数年後は5Gか~。
4Gから5Gになると、単純に今より同じ周波数帯域なら1000倍近いデータ量のやり取りが可能になるらしい。実際の速度は現行の数十倍~100倍程度になるだろう。それでも光ファイバーより早くなるってこと?
 
クラウド技術が浸透して、今より数十倍の速度になるなら、今の不可能が可能になる。
 
CPUの向上と合わせて、アプリは更にヘビーな要求に応えられるようになり仕様も変わるだろ。
今語られている夢のIoTサービスは、間違いなく実現するだろう。
 
技術の進歩は凄すぎる。未来が楽しみ。長生きしなくては・・・。

038 昭和レトロ喫茶

01:社長ブログ

3月21日(祝)東京でも桜開花宣言、いよいよ春到来か。

3月から4月は、恐らく今年のピークになるかと思えるほど作業を抱えている。創業してちょうど10年、登記変更もその一つ。司法書士に依頼すれば簡単なのは確かだが、さほど難しい作業でもない。
時間とコストを考えて専門家に依頼するか自分で対応するか決めている。

3月21日、ちょっと打ち合わせの帰りに立ち寄った葛飾区のレトロな喫茶店。

何気なく手にした定価80円の明星は、昭和33年7月のものだった。当時の週刊誌を読むだけで、ちょっと昔にタイムスリップ。

店内は百恵ちゃんやピンクレディーの曲が流れる。

ちびまるこちゃんの憧れの人、百恵ちゃんが飾られている。私と同学年だ。

よって、山口百恵と同学年はスラスラ言える。桜田淳子、森昌子、岩崎宏美、岡田奈々、久保田早紀、相本久美子、樋口可南子、あのマドンナもそうだ。

私にとって天地真理や郷ひろみは年上であり、明菜やマッチは年下になる。当時は今と違って歌謡曲大全盛の時代だった。

実は自分の田舎の実家にも、これに負けず劣らずレトロなゴミが幾つもある。例えば、この手の4脚シロクロテレビも処分しないまま残っている。

昭和33年から34年は、当時の皇太子と美智子さんのご成婚の年であり、この年に生まれた女の子に[美智子]なる名前が沢山つけられた。同級生にも[美智子]の名前がいた。可愛いと言うより美人な顔立ちな同級生だった。


この写真は早見優ちゃん。ズッと年下と思っていたが、調べると今年50歳になる年齢だと知って、びっくり。


最近の喫茶店ではなかなか見ることは出来ないが、昔は喫茶店で非常に良く見かけたおみくじ。
実は、出てくる順番は既に決まっているので、どの星座からコインを入れても全く関係ないんだな。(笑)


興味のない人にはゴミでしかないものでも、店主の趣味で上手く活用している。

037 マルチタスクとマルチスレッド

01:社長ブログ 03 : コンピュータとシステム

この業界にいると、タスクとかスレッドって言葉が良く登場する。

この手の用語は掴みどころがないため、初心者に説明するにはチト難しい言葉だ。そもそもまだ初心者に説明する必要がないのかもしれない。

ちなみに、インターネットでタスクの意味を調べたら、『 OSから見た処理の実行単位。通常はスレッドが実行単位となるが、OSによってはプロセス(複数のスレッドを含むプログラム全体)を・・・』等の説明がされていた。

初心者には、まず理解不可能だろう。

この際、正しい解答ではないが、誤解を恐れず大胆に定義しよう。
この業界に直接関係ない人であれば、感覚的に知っておくと良いかもしれない。
但し、誰かに知ったかぶりして話すと、赤っ恥をかく恐れもあるので、決して引用しないように!


あなたと奥さんが子供と仲良く暮らしています。
あなたが「プレゼンソフト・パワポ君」、奥さんが「イラストソフト・イラレ子さん」、子供が「メールソフト・アウトルッ子ちゃん」であり、PC内で3人のソフトが動いています。

3人が部屋(パソコン内)にいます。パワポ君はソファで小説を読んで、イラレ子さんはテレビを見て、アウトルッ子ちゃんはおもちゃで遊んでいます。3人のソフトはバラバラに動作しています。それが、マルチタスク。

写真を借りれば、それぞれの手がタスク、各手の行動単位がスレッド(かなり強引な定義なので、決して引用しないように!)

今度は一人に注目します。イラレ子さんはテレビを見ていますが、おせんべいを食べながらお茶を飲んでいます。テレビを見て笑ったりうなずいたりしていますが、近くにいる子供の注意も怠りません。
このように、イラレ子さんの複数の行動がマルチスレッド。

即ちマルチスレッドは、ワープロソフト・ワードを例にすれば、キーボードから入力して、文字候補を画面に表示して、いろいろな文書レイアウトに整え、複数文書ファイルを同時に開き、裏画面で印刷処理を行う機能・・・と、なる。

同じプログラム上にあるスレッドはPC内のメモリを共有し、その複数のスレッドはCPUを順番に切り替えることによって、あたかも同時実行しているように見える。
あ~後半がちょっと難しくなってしまった。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >