f_コンピュータとシステム

078 2045年は、人類の技術的特異点

2045年が人類の技術的特異点だって?

昨年あたりからIoT(特に制御系システム)の案件が実に多い。
2020年の東京オリンピックに向けての東京の街を IoT で変えていこうとしていることが良く分かる。

正直、IoT の言葉はピンとこない。

数年前にネットワーク機器会社のシスコ社がしきりに使っていた IoE の方が分かり易い。Internet of Everything だからだ。

関連書籍を数冊読んだ。
一見、薔薇色ような内容だが読み進めていくと、行きつく未来にとても気になる点が記されている。
2045年には人類の開発した技術が限界に到達すると予測されているのだ。これを技術的特異点(Technological Singularity)と呼ぶらしい。
特異点なんて言うとビッグバンやブラックホールなどを思い出してしまう。

要は、コンピュータ技術の物凄い進歩で人間の開発した技術が限界に達し、人類を超える究極の人工知能が発達し、その人工知能は人間より優秀な人工知能を開発していく。
これって、ターミネーターのスカイネットが人類の終焉を提示していた映画と同じじゃないの?

凄いのは大真面目に既に多くの企業が研究開発しているってこと。
グーグルしかり、マイクロソフトしかりだ。
しかし、ビルゲイツらもこの進歩には脅威を抱いている一人らしい。

そんな未来を見るには、2045年まで生きなきゃいけない。あと30年近く先だ。ちょっとなあ~。

30年後は、どうも今の常識で考えられない世界になっているようだ。
ああ、実に末恐ろしい・・・。

とりあえず、2020年の東京オリンピック時に IoT システムがどこまでになっているかだ。

ピックアップ記事

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  3. 019 おいしいテレビドラマ
  4. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  5. 001 紙カードの時代 (大型汎用機1)

関連記事

  1. f_コンピュータとシステム

    028 PC98互換機騒動 (DOS/V ♯3)

    当時、圧倒的な隆盛を誇っていた国民機 NEC-PC98 は、DOS/V…

  2. f_コンピュータとシステム

    003 大型汎用機全盛時代 (大型汎用機3)

    前回 古き良き時代、紙カードや紙テープを使ってコンピュータにデータを入…

  3. f_コンピュータとシステム

    031 パソコン通信

    パソコン通信、この言葉を聞くと、ビーガリガリの音とアナログ電話回線時代…

  4. f_コンピュータとシステム

    018 RISCプロセサ (UNIX-workstation 3)

    UNIXワークステーションが巷に登場し、騒ぎ出した頃のマシンはRISC…

  5. f_コンピュータとシステム

    016 COBOL から C言語 3

    当時の大型汎用機のCOBOL言語からC言語に移行する際の感想を記載して…

  6. f_コンピュータとシステム

    054 紆余曲折の情報処理技術者試験 #4

    ついにと言うか、時代の流れと言うか、情報処理の試験区分は大きく変わった…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
  2. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  3. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
  4. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  5. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
PAGE TOP