h_自分音楽レコード史

057 松原みき/真夜中のドア

自分が大学生の3年、4年の頃に流行った曲。

ちょうどボーカル(男性)バンドを組んでいた頃でもあり、学校帰りに小岩のパブ・ラウンジの5階がボーカルの住まいであり練習場所でもあった。
ボーカルはルックスが良かったので、完全にボーカル中心でニューミュージック路線を狙う構成だった。方向性は悪くなかったが、我々の演奏レベルで音楽業界を生きていけるなんて思えなかった。
但し、ボーカルは真剣だったようだ。

今やこの小岩のパブ・ラウンジは無くなっってしまったが、比較的大きくてバニーちゃんがいるようなお洒落なお店だった。グランドピアノも置いてあって、数回だけだけお店のピアノを弾いたことがある。

小柴大造&エレファント/別離のシーン
小柴大造&エレファント/別離のシーン(single) 1980

ニューミュージック系のコピー曲として小柴大造&エレファントの 別離(わかれ)のシーン もやった。
今となっては、この曲をユーチューブで聴くことさえ難しいかもしれないが、ロックでありニューミュージックだ。

真夜中のドア~Stay With Me
真夜中のドア~Stay With Me(single) 1979

松原みきの 真夜中のドア も持ち曲に加えた。松原みきの曲を男が歌っても、女の気持ちを歌った歌詞ではしっくりこなかった。
松原みきは自分と同世代で歌がとても上手かったのに、 真夜中のドア 以外に彼女の歌の上手さをひきだす曲が提供されなかったのがとても残念だった。
彼女は2004年に癌で44歳の若さで亡くなっている。さぞや無念だっただろう。

その後、オリジナルを数曲やったけど、このボーカルバンドはメンバーが大学卒業と同時に自然消滅した。
当時の演奏ライブのカセットテーブが今でも手元にあるが、録音が悪いことを抜きにしても聴くに耐えない演奏だ。

ちなみにパブラウンジのある5階で練習していた時、小岩警察がこっそりやってきた。夜間うるさいと近隣の住民から通報があったらしい。
真夏の夜中であり、クーラーもない部屋で怪しい男連中が半身裸で汗を流しながら夜中に楽器を鳴らしていたんだから当然だ。

まさに青春だったな。

ピックアップ記事

  1. 034 うえの夏祭りパレード(写真集)
  2. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  3. 045 キース・ジャレット/ケルンコンサート
  4. 019 おいしいテレビドラマ
  5. 026 ジオパーク in 幕張メッセ

関連記事

  1. h_自分音楽レコード史

    049 ザ・スクエア/アドベンチャー

    ザ・スクエアは、70年代後半から存在する息の長いバンド。その後、ティー…

  2. h_自分音楽レコード史

    037 プリズム/プリズム

    東京に出てから音楽の情報は比較にならないほど激増し、これまでの音楽嗜好…

  3. h_自分音楽レコード史

    006 カルメンマキ&OZ

    このレコードも絶対はずせない。私は風 のカルメンマキの高い歌唱力と日本…

  4. h_自分音楽レコード史

    014 10CC/オリジナル サウンド トラック

    10ccのアルバム「The Original Soundtrack」は…

  5. h_自分音楽レコード史

    058 クインシー・ジョーンズ/愛のコリーダ

    1976年 大島渚監督による「愛のコリーダ」を、実際日本の映画館でみた…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  2. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
  3. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  4. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  5. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
PAGE TOP