h_自分音楽レコード史

165 松岡直也/WELCOME

WELCOME
松岡直也/WELCOME 1983.11

松岡さんの六本木ピットインとモンタレーのライブ盤。但し、最初と最後の曲はスタジオ録音でありながらライブ盤のようにしている。最後の曲、Chillon-Welcome は、メンバー紹介とその歓声を演奏と重ねている。まるでモンタレーでライブ紹介しているようだ。

2014年4月29日に亡くなられた松岡さんの音楽頂点の頃の作品だ。
直近に発売されたアルバムのベストライブであり、どれも聴き易く秀作な内容となっている。
当時、自他ともに認める松岡直也ファンだった私が聴きこまないはずがない。

WELCOME
これは、松岡直也のバンドスコア譜だが、自分で買ったものではない。六本木ピットインのステージで松岡さん本人に頂いたバンドスコア譜だ。
とは言っても、当時の楽器店の楽譜売り場で1600円で普通に売っていたものだ。

何と、その日の六本木ピットインで演奏したメンバー全員のサインを貰った。
表紙は高橋ゲタ夫とペッカーのサインが読み取れない状態だが、かろうじて残っているのが分かるだろうか?

WELCOME
表紙を開くと他のメンバーのサインが綺麗に残っている。勿論、今は亡き松岡さんのサインもしっかり残っている。

WELCOME
そのバンドスコアの内容、この譜面は The Magician(Open Sesame!) だ。Guitar、keyboards1、keyboards2、Bass、Drums、Latin Percussion のパート別譜面。

バンド経験のある人なら分かるが、譜面はあくまでも参考でしかない。実際の演奏は、殆ど演奏者の感性と演奏テクニックで決まる。

六本木ピットインに出演したメンバーは、当時の有名人が目白押しだった。リトナー、カールトン、香津美、スクエア、YMOや坂本龍一、吉田美奈子、達郎、高中、プリズム、カシオペア、松岡さんも勿論その一人だ。

Jazzトリオのライブを朝まで聴いていたこともあった。30年以上前の遠い話だが、そうした熱中出来る時間が持てた良き年代だった。
人は年齢を重ねる程、1日が短く感じるようになり余裕がなくなっていくんだな。

ちなみに六本木ピットインの他に新宿ピットインもあった。
新宿ピットインには、国分弘子などを聴きに女性同伴で出掛けたこともある。音大ピアノ科卒の女性とジャズを語ったもんだ。音大卒の人はクラシックの造詣は深いが、ジャズピアノを知らない人が実に多かった。

別の女性になるが、今でも年賀状を頂く音大卒の当時のお嬢様がいる。美人でありながら気さくで人気があった。今は素敵なおばさまになっている。医者の奥様になり息子も医者だ…このブログを読んだら間違いなく分かるはず….。見たら連絡下さいね。(笑)

Side-1
1 The Magician(Open Sesame!)
2 A Song On The Wind
3 The September Wind
4 Amorosa
5 Monologue
6 Evening Calm
*Live at Roppongi Pit Inn, 1983.7.30 except “The Magician”

Side-2
1 Maple Wind
2 Sunspot Dance
3 A Farewell To The Seashore
4 Touch The New York Pink
5 Chillon-Welcome
*Live at Montreux, 1983.7.22 except “Chillon-Welcome”

ピックアップ記事

  1. 002 仕事のピークは40歳?
  2. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  3. 001 アルバイトから正社員に
  4. 081 あえぐ国内電気メーカー
  5. 048 産業労使秋祭り

関連記事

  1. h_自分音楽レコード史

    161 松岡直也 & Wesing/マジョルカ

    松岡直也 & Wesing のモンタレージャズフェステイバルの興奮覚め…

  2. h_自分音楽レコード史

    045 キース・ジャレット/ケルンコンサート

    ジャズ・ピアニストの最高峰であるキース・ジャレット、ライブアルバム「ケ…

  3. h_自分音楽レコード史

    015 イーグルス/Hotel California

    この曲が流行ったのは、高校3年の大学受験の頃だ。深夜のラジオで頻繁に流…

  4. h_自分音楽レコード史

    022 キャメル/白雁(スノーグース)

    キャメルのサードアルバム、ポール・ギャリコの短編小説を基に制作された抒…

  5. h_自分音楽レコード史

    012 リック・ウェイクマン/ヘンリー八世の六人の妻

    イエスのキーボーディスト、リック・ウェイクマン。「ヘンリー八世の六…

  6. h_自分音楽レコード史

    049 ザ・スクエア/アドベンチャー

    ザ・スクエアは、70年代後半から存在する息の長いバンド。その後、ティー…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  2. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
  3. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  4. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  5. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
PAGE TOP