過去の記事一覧

  1. g_物流システム徒然記

    015 企業間が情報連携をする方法

    物流システム徒然記前回は、コンピュータによる情報交換はEDIを使用することを記載しました。このEDIを利用する場合、VAN型の全銀手順、JCA手…

  2. g_物流システム徒然記

    014 企業間の情報伝達はどう行うの?

    物流システム徒然記前回に記載した通り、SCMはITを前提にして成り立っています。従来は電話やFAXだった情報伝達手段は、今やコンピュータによる情報交…

  3. g_物流システム徒然記

    013 電話とFAXだけで仕事は進まない!

    物流システム徒然記社内の業務の流れを徹底的に分析し、自社の業務の流れが把握できたら、次に会社と会社とを結びつける部分、言うなれば情報交換する方法を考えな…

  4. g_物流システム徒然記

    012 社内の業務を徹底的に分析する

    物流システム徒然記いきなりですが、下記のB社とE社とF社はそれぞれ取引関係にあります。さらに前回の記載したルールを守るために、下図の…

  5. g_物流システム徒然記

    011 SCMの改革は自分の会社から

    物流システム徒然記前回の話は、「 SCMとは企業間同士の連鎖 」だと記載しました。SCMとは製品を取り扱う取引企業間同士が協力し合わなければ成立しな…

  6. g_物流システム徒然記

    010 在庫削減の成功は取引先との協力

    物流システム徒然記前回は、調達~生産~販売には必ずモノの移動がある。それが連鎖して最終的に消費者の手に届く。それぞれの取引先は密接に連鎖している。…

  7. g_物流システム徒然記

    009 取引企業の密接な連鎖が在庫をなくす

    物流システム徒然記いきなりですが、パソコンを構成するものは何があるでしょう?パソコン本体、キーボード、マウス、ディスプレイ、プリンター。単に…

  8. g_物流システム徒然記

    008 在庫を持たない仕組みを考える

    物流システム徒然記さて、「 必要なだけ材料を調達し、必要なだけモノを生産し、必要なだけ納品(販売)する仕組み 」をどうやって実現するか?の続きです。…

  9. g_物流システム徒然記

    007 在庫を持たない在庫管理

    「 急ぎの仕事がある場合、一番忙しい人に仕事を頼め 」これビジネスの鉄則ですが、これ結構当たっています。確かに忙しい時のほうが作業効率は上がります。…

  10. g_物流システム徒然記

    006 目標は在庫を持たない仕組み

    物流システム徒然記今や 流通システム/物流システムともにコンピュータ活用が企業の存続に大きく影響します。いきなりコンピュータの話を登場させると難しい…

  11. g_物流システム徒然記

    005 規制緩和による小売店の影響

    物流システム徒然記本題に入る前に規制緩和に触れます。規制緩和をキーワードでネット検索すると膨大な情報が集まります。ここでは特筆すべき幾つか掲…

  12. g_物流システム徒然記

    004 世界的に小売業ってどうなの?

    物流システム徒然記日本の小売業って言うと、イトーヨカード、イオン、ヤマダ電機、セブンイレブンなど幾らでも出てきますが、世界的に見ればどの位の規模なのかち…

  13. g_物流システム徒然記

    003 流通の小売業の景気ってどうなの?

    物流システム徒然記誤解を恐れず話を進めます。「それ違うんじゃない?」 のご指摘があるかもしれませんが、数回の連載を読み終えてからご指摘下さい。…

  14. g_物流システム徒然記

    002 流通とは「物」と「商」と「情報」

    物流システム徒然記いきなりですが経済ってのはモノを作って、それが市場に出回って、取引されて成り立っています。つまり、生産、流通、消費の流れです。…

  15. g_物流システム徒然記

    001 流通と物流って何が違うの?

    物流システム徒然記まず、良く勘違いされるのが流通と物流の違いです。一見するとその違いが感じられないかもしれません。まず、物流の流れからをイラ…

OM徒然社長ブログ

徒然ITブログ(業界特化編)

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

PAGE TOP