自分コンピュータ史、

  1. f_コンピュータとシステム

    015 COBOL から C言語

    大型汎用機の主要言語はCOBOL/FORTRAN/PL/Iだ。好き嫌いに関わらず当時はこれが常だった。工学系の大学ではプログラミング言語としていまだ…

  2. f_コンピュータとシステム

    014 COBOL から C言語

    WORKING-STORAGE SECTION.01 KEI pic 9(05).01 I pic 9(03).PROCEDURE DI…

  3. f_コンピュータとシステム

    013 Sun Microsystems (UNIX-workstation 2…

    広い意味のワークステーションは、ネットワーク内のコンピュータの構成要素の一つとして呼ばれることも多く、この場合のワークステーションはUNIXワークステーションの…

  4. f_コンピュータとシステム

    012 ワークステーション (UNIX-workstation 1)

    大型汎用機の話しをしていると、凄く昔に感じる。しかし、UNIXワークステーションの話しを始めると急に現代のコンピュータに近づいてくる。UNIXワークステ…

  5. f_コンピュータとシステム

    011 ノンストップコンピュータ 4

    当時、私が在籍していた会社の制御システム開発グループに2年後輩の西田氏と称す人物がいた。日経コンピュータより(注)画像をクリック! 大解像度写真、文…

  6. f_コンピュータとシステム

    010 ノンストップコンピュータ 3

    何故、今現在 動いているコンピュータの心臓部である基盤を差し替えても問題ないのか?理由は簡単、基盤部分が二重化されているからだ。だから、コン…

  7. f_コンピュータとシステム

    009 ノンストップコンピュータ 2

    ジュラルミンンケースをマシンルームに持って行く。どうやら何かしら問題があって交換するらしい。好奇心で一緒に後ろについていった。上の写…

  8. f_コンピュータとシステム

    008 ノンストップコンピュータ 1

    日進月歩の凄まじいコンピュータの話は、浦島太郎みたいで非常に面白い。今から数十年前の1990年初頭の頃の話をしよう。当時ノンストップコンピュータ…

  9. f_コンピュータとシステム

    007 大型汎用機の価格 (大型汎用機7)

    実は、私が社会人になって大型機汎用機の全盛時代を感じた期間は10年を満たない。「大型汎用機でCOBOL言語をマスターすれば、一生飯を食うのに困らない」…

  10. f_コンピュータとシステム

    006 驚異の性能向上 (大型汎用機6)

    ここで、技術評論社のコンピュータ書籍に興味深い内容があるので簡単に触れておく。電子計算機が登場して70年。1946年に登場した、かの有名な …

  11. f_コンピュータとシステム

    005 COBOLとFORTRAN (大型汎用機5)

    COBOL・FORTRAN系汎用機開発者、現在の50代以降の技術者なら多くの人が経験したコンピュータ設置ルームだ。私が20代の頃、大きなフロア全…

  12. f_コンピュータとシステム

    004 音響カプラ/TSS端末 (大型汎用機4)

    何を今更昔の話をしているんだ、IT業界にいるなら前を見ろと言われそうだが、この30年間は私のコンピュータ業界に関わってきた歴史そのもの。この30年間でコンピ…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  2. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  3. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
  4. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  5. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
PAGE TOP