自分コンピュータ史

046 興味深いワープロの誕生秘話(2/2)

(前回の続き)
日本語変換スピードに20秒かかった時間を3秒に縮める方法は何も革新的な内容ではなかった。

(a) 変換候補を選択する場合、次回からそれを最初に表示する学習機能の搭載
(b) 入力している段階で候補を絞り込んでいく先取り変換機能の搭載

たったそれだけだ。正解が分かれば馬鹿みたいに単純なものだ・・・技術が云々と言うより発想がポイントだ。勿論、技術に裏付けられての結果だ。そんな紆余曲折があって1978年発表 (JW-10)、1979年2月に店頭に並ぶ。

昨今は日本語変換は瞬時に変換されて有り難味がないが、当時は確かにコンピュータ自身が考える間(マ)があった。コンピュータも人間臭かった。

ワープロ

1980年代中頃になると各社メーカーがこぞって参入してくる。昭和40年代生まれ以前の人であれば、NEC「文豪」、富士通「OASYS」、シャープ「書院」、東芝「ルポ」などワープロに興味がなくても名前を聞いたことがあるだろう。当時はしきりにテレビや雑誌に登場していたからだ。記憶の悪い私でさえこれらメーカーの商品名は今でもしっかり記憶しているのだから。

1980年代後半~90年に入ると、ワープロ専用機はパソコンのワープロソフトと競合しはじめる。「あなたはワープロ専用機派?パソコン派?」なんて意味のない特集記事を何度も目にする。

当時は企業や官庁の公的文書は勿論のこと、個人でも手書き文字が活字として印刷されることに意味があった。ワープロとしての機能だけを考えれば、当時、パソコンのワープロソフトよりワープロ専用機が当然のことながら優位だった。

仕事柄コンピュータ系だったため、会社でワープロ専用機は幾らでも活用できた。そのためワープロを個人購入こそしなかったが、仕事がコンピュータ系でない人であれば、そこそこの確率で各家庭にワープロ専用機が置かれていたものだ。
但し、その多くは大切に保管され 年賀状の時だけ大活躍していた気がする。

日本語ワープロの歴史

ピックアップ記事

  1. 085 ジョブズの本気、世界を変える
  2. 069 マイクロソフト Windows1.0 発売
  3. 044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス
  4. 056 ファミコン登場!
  5. 060 トロン 日本国産OSが世界を狙う!

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    036 ワークステーションの勢力争い

    UNIXワークステーションが巷に登場し、騒ぎ出した頃のマシンの殆どはR…

  2. 自分コンピュータ史

    009 紙カードとパンチマシン

    パンチカードの紹介をしたが、その紙カードに穴を開ける機械が必要だよ…

  3. 自分コンピュータ史

    038 Linuxとディストリビューション

    1991年 フィンランドのリーナス氏がUNIXを手本にLinuxのカー…

  4. 自分コンピュータ史

    042 インテル4004と電卓のビジコン社

    1970年代初頭~パソコンの歴史を語るには、CPUの話をすると…

  5. 自分コンピュータ史

    147 FLASHの衰退

    1996年~2020年末サポート終了Flashが消える理由…

  6. 自分コンピュータ史

    049 そのほか活躍したワープロメーカー

    ワープロは東芝、シャープ、NEC、富士通の4強だったが、勿論 他の国産…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP