自分コンピュータ史

082 個人ユーザーの味方、低価格ソフト アシスト

1990年~

MS-DOSが主流だった頃の3大ソフトと言えば、今と同じように表計算・文書作成・データベースだ。今で言うと、エクセル・ワード・アクセスと言ったところ。エクセル・ワードはデファクトスタンダードになっているが、アクセスは意見が分かれるところかな。

アシスト

この頃の個人で使用するソフトとなると ロータス123(98,000円)は定番で、一太郎(58,000円)管理工学研究所の松(初期バージョンは何と128,000円だったような?)、データベースソフトの考えは人それぞれだけど、要は個人でとても購入出来ない価格帯ばかり。

アシストカルク

私はこの業界に在籍したお陰で、多くのソフトを体験する機会に恵まれていたが、そうでない人はなかなか手が出せない。製品は非常に高機能でも、自宅でたまにしか使わないのであれば、低価格でも そこそこの機能を満たしてくれれば良いはずだ。

そこで登場したのがアシストシリーズ。ビル・トッテンさんが株式会社アシストを設立し、低価格ソフトを販売した。

アシストワード

「9,700円、それでも結構な値段ではある」と思うかもしれないが、当時の私は これが破格の値段に思えた。ロータス123の98,000円の10分の1の価格だ。一太郎も人気があったが、文書作成ソフトが欲しいと思っても 58,000円 は気軽に出せる価格じゃなかった。

アシストカード

低価格でそこそこの機能を備えるソフトを望む人に迎えられた製品だったのだ。

当時、私の友人がMS-DOSのノートPCを購入し、パソコンの設定をして欲しいと、ノートPCとアシストカルクとアシストワード持参でやってきた。私はアシストシリーズは触ったこともなかったが、何となく理解出来たので設定した。MS-DOSは COMMAND.COM と autoexec.bat が分かれば MS-DOSを快適に設定することが出来る。

アシストアート

高機能ソフトを知ってしまえば、アシストシリーズは機能制限が多々あるため使い勝手に満点は付けられないが、自宅で集計や文書作成を理解し、高機能ソフトに移行する足掛かりとするなら最適だ。ソフトを使いこなし、物足りないなあと思ったら高機能ソフトを買えば良いのだ。

アシストカルクは、表計算は縦横集計が勿論出来たし、関数がどれほど充実していたかは分からないが、しっかりグラフ表示が出来た。ワード、カード、アートの他にアシストメールなんてのもあった。これってOfficeソフトの元祖だな。

会社は多くのサービスを提供し拡大し、今も健在企業だ。今の低価格ソフト商品群を考えるとソースネクスト社に似ているかも。

ピックアップ記事

  1. 085 ジョブズの本気、世界を変える
  2. 134 インチュイット と 弥生会計
  3. 060 トロン 日本国産OSが世界を狙う!
  4. 051 うたかたの8ビットパソコン
  5. 059 マッキントッシュ誕生!

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    141 マルチメディアで遊ぼう(#1/3)

    1980年代後半から1990年代中頃国内でDOS/Vが流行…

  2. 自分コンピュータ史

    120 IBM メインフレームOS/MVS

    1960年~1990年頃IBMオペレーティングシステムIB…

  3. 自分コンピュータ史

    026 基盤を抜いても止まらないコンピュータ

    前回からの続きジュラルミンンケースをマシンルームに持って行く。…

  4. 自分コンピュータ史

    085 ジョブズの本気、世界を変える

    1976年~2011年10月5日、ジョブズが亡くなって10年以…

  5. 自分コンピュータ史

    081 データベース戦争

    1990年~に触れた内容は、日本のPC市場に限ってのこと。この…

  6. 自分コンピュータ史

    037 UNIXの誕生 と UNIX戦争

    UNIXなるOSは1960年代後半に誕生し、70年代 80年代と発…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP