自分コンピュータ史

033 憧れのサンマイクロ社のUNIX

広い意味のワークステーションは、ネットワーク内のコンピュータの構成要素の一つとして呼ばれることが多く、この場合のワークステーションはUNIXワークステーションの意味ではない。

大手流通業の場合、専用サーバー/ワークステーションがネットワーク化して全国の支店や店舗に設置される。コンビニなんかは、数百台どころか1~2万台規模で全国の店舗に設置される。
極端に言えば、それがパソコンの場合もある。さらに機能を特化した専用端末をワークステーションと呼ぶこともある。

その意味では、私がここで記載しているワークステーションと意味が全く違う。

サン・マイクロシステムズ

サン・マイクロシステムズが開発・販売した1990年頃の SPARC Station シリーズは絶大な人気があった。当時のUNIXワークステーションといえば、大抵このシリーズだ。高価なマシンゆえ私が触った経験があるのは、上記の一番下位の classic が殆どだった。

当時、知的でお洒落な SPARC Station のスペックを改めて見ると「へえ~こんなものだったんだ」と思ってしまう。当時は圧倒的な高性能マシンと信じていたからだ。

モニターの解像度、1280 * 1024 だったとは・・・目玉がカーソルを追いかけるアプリを入れ楽しんだ当時、物凄くディスプレイ内が広く感じた。内臓ディスクを見て欲しい、何とかわいい容量だったんだろう。


Sun Microsystems Ultra 5 Workstation

これは1990年代初頭の話だ。劇的に進化していることが容易に理解できると思う。

ピックアップ記事

  1. 056 ファミコン登場!
  2. 044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス
  3. 085 ジョブズの本気、世界を変える
  4. 060 トロン 日本国産OSが世界を狙う!
  5. 059 マッキントッシュ誕生!

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    156 ウェブクリエーターとDreamweaver

    1997年頃~2010年頃Adobe製品とウェブクリエーターたち(…

  2. 自分コンピュータ史

    015 汎用機時代データ保管 磁気テープ

    数回前のブログ記事に、紙カードや紙テープを使ってコンピュータにデータを…

  3. 自分コンピュータ史

    032 恋したワークステーション

    これまで触れてきたコンピュータの体験談は、20代、30代の人達にすれば…

  4. 自分コンピュータ史

    092 DOSでお絵描き

    1990年~1991年頃最初に買ったEPSON 386Mで色々…

  5. 自分コンピュータ史

    074 ジョブスが追い求めた理想なるPC

    1988年~1993年既にコンピュータ業界ではスティーブ・ジョ…

  6. 自分コンピュータ史

    013 提案書・各種設計書の作成

    社会人となってパソコンが広く普及するまでの期間(7~8年くらい)は、手…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP