自分コンピュータ史

069 マイクロソフト Windows1.0 発売

1985年

Windows1.0が発売された頃、私は大型汎用機でCOBOL開発していた頃だ。指示されるままにシステムを構築していた。自分がパソコンのOSを提供するなどと大それた志なんか微塵もなかった。これが天才と凡人の差だ。

Windows1.0
Microsoft Windows 1.0

1984年1月 初代Macintoshが誕生し、翌年の1985年11月 マイクロソフトが Windows1.0を発売した。

Windows1.0
microsoft 提供

もともとスティーブ・ジョブスとビル・ゲイツの仲はそれほど良いとは言えなかったが、Windowsが登場したときにジョブズはゲイツにウインドウズはマックのGUI(Graphical User Interface)を盗んだと詰め寄った。

ゲイツは「どうかなスティーブ、視点を変えてみたらどうだろう。どっちかっていうと、近所にゼロックスって名前の金持ちの家があって、僕がテレビを盗みだそうとしたら、きみがすでに盗んだ後だったってことなんじゃないかな」と。

2011年 ウォルター・アイザックソン著によるジョブス伝記「スティーブ・ジョブズ」の内容だ。今や伝説となったやりとりだ。

Windows1.0

ゲイツはスティーブがゼロックス社のGUIのアイデアを流用していたことは認識していた。
しかし、『ジョブズはパクった、恥知らず、Windowsにセンスのかけらもない』と、感情のままに酷評している。こんなこと言われて仲良くいられるはずがない。確かにジョブスは洗練されたスタイルに拘り、スタイルはマックが勝っていたことを多くの人は認めるところだが…。

Windows1.0

私はWindows1.0を実際に体感したことはないが、当時のハードウェアの性能が追いつかずメディアの評価は芳しくなかったことは雑誌等で知っていた。但し、使い勝手や動作の重いのは初代Macintoshも似たりよったりだ。

それでも1987年日本語版を発売している。初代Windows日本語版は大きなニュースにならなかった。

初代Windowsはウィンドウとウィンドウを重ねることが出来なかった。最初はこんなもんだ。理想を追求して諦めないことで進歩していくのだからね。


【参考資料】
なんと Windows1.0が詳しく解説されていた。この資料はお見事!
Gigazine(Windows 1.01をブラウザでエミュレートするとこうなる)

ピックアップ記事

  1. 044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス
  2. 054 日本も負けちゃいられない”16bitPC発売
  3. 060 トロン 日本国産OSが世界を狙う!
  4. 069 マイクロソフト Windows1.0 発売
  5. 134 インチュイット と 弥生会計

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    030 デュアルとデュプレックス

    これまでの記載してきたようにノンストップコンピュータとは、仮に障害が発…

  2. 自分コンピュータ史

    010 音響カプラ/TSS端末

    何を今更昔の話をしているんだ、IT業界にいるなら前を見ろと言われそ…

  3. 自分コンピュータ史

    066 5つのNO!ステップ(#2/4)

    065 初めて買った32Bit PC(#1/4)1990年…

  4. 自分コンピュータ史

    011 大型汎用機の価格と性能

    私が社会人になって「大型機汎用機の全盛時代」を感じた期間は10年を…

  5. 自分コンピュータ史

    098 Linuxの登場

                    202…

  6. 自分コンピュータ史

    120 IBM メインフレームOS/MVS

    1960年~1990年頃IBMオペレーティングシステムIB…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP