自分コンピュータ史

074 ジョブスが追い求めた理想なるPC

1988年~1993年

既にコンピュータ業界ではスティーブ・ジョブスの知名度は広く知れ渡っていたが、世界的知名度となるともう少し先まで待たなければいけない。お洒落なスケルトンiMacの登場で広く知られるようになり、iPhoneの登場となるとコンピュータに無縁の人にまで知れ渡った。

NeXTcube

途中の話は省略するが、スティーブ・ジョブスがアップルを辞めることになった際に自分のアップル株を売却し、1985年にNeXT社(NeXT Software, Inc.)を創業している。そして数年後の1988年10月、理想を追い求めたコンピュータ NeXTcube(正式名称:NeXT Computer)を発売した。

NeXTcube

黒い四角い筐体でデザインと機能を徹底的に追い求めた評論だったが、個人的にはこの四角い箱のデザインは格好良いと全然思えなかった。キャノン製CD-ROMドライブ、デザインに合わせたキャノン製プリンター、日本国内はキャノン販売の担当だった。当時、キャノン販売の広告は目立ったもんだ。

ハードウェアはジョブズの理想に追い付けなかった。NEXT station(カラー)が88万円、NEXT CUBE は何と191万円だ。完全にビジネス向けだ。
これでは一般大衆の購入選択肢から完全に外れるため、当時掲載されたPC雑誌記事を深く読むことはなかった。今となっては熟読しておけば良かったんだけど、どんな評価がされていたか知らない。


日経コンピュータ(クリックで拡大します)

売れ行きはパッとしなかったがソフトウェアは色々な実績を残した。NeXTcubeのOS(NextSTEP)は、Sun MicrosystemsのOS(OPENSTEP)だったり、その後の倒産寸前だったアップルに受け継がれたり、MacのアプリケーションやiPhoneの言語開発はObjective-Cだが、NextSTEPは既にObjective-Cで開発されている。
やっぱり凄いもんだ。


・NETWORK博物館:NeXT Cube
・ジョブズが生み出した「NeXTSTEP」(アイキャッチ画像 含)
・スティーブ・ジョブズ考
・MacとNeXTのイノベーション

ピックアップ記事

  1. 054 日本も負けちゃいられない”16bitPC発売
  2. 069 マイクロソフト Windows1.0 発売
  3. 059 マッキントッシュ誕生!
  4. 134 インチュイット と 弥生会計
  5. 044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    152 Adobeの原点、PostScript

    1985年~2000年初頭Adobe製品とウェブクリエーターたち(…

  2. 自分コンピュータ史

    044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス

    1974年から2~3年1974年、この時代は 8080が登場し…

  3. 自分コンピュータ史

    041 パソコン黎明期

    1980年初頭~80年代初頭、私が大型汎用機で仕事をしていた頃…

  4. 自分コンピュータ史

    106 さようなら NEC PC98

    1994年頃~98年NECはさまざまな手段で、PC国民機の意地…

  5. 自分コンピュータ史

    123 ゲイツ、人生最大なる決断

    IBM PC DOS誕生ストーリー(#2/3)1980年7月~19…

  6. 自分コンピュータ史

    024 この業界でいく(#2/2)

    頑張れば頑張るだけスキルが付いていく自分を実感できたが、仕事はとて…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP