a_社長ブログ

076 伝統芸術 文化力

去る6月15日 水道橋の文京シビックホールで伝統芸術 文化力 聲(こえ)のフェステイバルがあった。

聲のフェステイバル

聲(=声)であり、文字通り声だけのコンサートだ。文京区社会教育関係団体の主催者 木村紀子さんから声をかけられての取材撮影だ。

聲のフェステイバル

11グループが登場し、語りだけのコンサート。舞台演出は殆どなし、ステージの緞帳の上げ下げも一切なし、出演者の半分近くは椅子に座って朗読だけ。著名なコンサートホールで実に素朴な味わいのあるステージだ。

聲のフェステイバル

派手な演出に慣れてしまった現代人 特に若者には、言い方は悪いが退屈なはずだ。しかし、これこそがステージ演出の原点のはずだ。

聲のフェステイバル

例えば、生誕146年「樋口一葉 琴の音」の舞台女優 荒川ヒロ子さん、生誕126年「芥川龍之介 蜘蛛の糸」の舞台俳優 堀越健次さん、奥の細道、金色夜叉、雨ニモマケズ・・・改めて朗読されて聴くストーリーに頭の中でイメージするものがある。

聲のフェステイバル

お金を掛けた派手な演出は確かに見ごたえがあって楽しい。しかし、100年以上前 一般大衆の娯楽はたかだか知れている。こうした話を聞く事は贅沢な娯楽のひとつだったはずだ。

聲のフェステイバル

学生の頃から文学に全く興味のない私が言うのもおかしな話だが、やはり現代まで語り継がれている作品は何かが違う。100年後、200年後も守り続けていかなければいけないと思う。

聲のフェステイバル

当然のことかもしれないが、来場される方は年配者が多い。しかし、その中に若い人が混じっていると嬉しくなるのは何故だろう。「出演者の関係者だから来ました」なんて言葉聴きたくないけどね(笑)。

聲のフェステイバル

仕事の1割は、こうした撮影や編集を行っている。音や映像に興味がある人なら楽しい職場のはずだ。

ピックアップ記事

  1. 001 紙カードの時代 (大型汎用機1)
  2. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 019 おいしいテレビドラマ
  5. 002 仕事のピークは40歳?

関連記事

  1. a_社長ブログ

    043 近未来の身につけるコンピュータ

    もはや未来の話でも何でもない話、既に実用化されていて一般家電量販店で売…

  2. a_社長ブログ

    093 東奔西走~駄目だこりゃ!

    今回の写真は、仕事であちこち出かけた際にスマホで撮影した都内風景。もっ…

  3. a_社長ブログ

    016 北区駒込駅界隈

    2015年4月24日、北区駒込駅近くの某社長の会社に訪問、昼食…

  4. a_社長ブログ

    085 未来は限りなく明るい

    こちら、某日某所のパートナー交流会のある建物。品川駅近くのビルに入…

  5. a_社長ブログ

    022 トップの責任

    日本の企業数は250万社あると言われているが、大企業が1%、何と99%…

  6. a_社長ブログ

    027 セッション

    大型連休はこれまで溜まりに溜まったやり残した作業の消化対応の日々。…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
  2. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  3. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  4. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
  5. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
PAGE TOP