b_ビジネス

045 絶対に売れない!

今回の全写真は「空」の素材集から。仕事柄沢山の素材集を所持しているが、昨今あまり使うことが少なくなった。このまま眠らすのは勿体ない、コロナ禍で疲れた心に広い空のように。

アースジェットやごきぶりホイホイなどで知られるアース製薬は、創業1892年(明治25年)、実に130年に迫る老舗企業。川端社長は1971年9月生まれ、今年で50歳の大台に乗るが、何と42歳のときに社長に抜擢されている。社長に抜擢された人物は それなりの理由がある。


もともと会社での営業成績はかなり良かったようだ。当時の大塚達也社長(現会長)から「私はガーデニング事業を会社の次の柱にしたい。だが、どうもうまくいっていない。おまえに全てを任せる。社内からも優秀な人材も集める。それでもだめなら事業を畳んでいい」と任命されたとのこと。


ガーデニング事業は参入壁が高く、社内でもいづれ撤退する事業と言われていた。そんな難題な仕事を任されたのだ。


任命されたからにはとにかく一生懸命やるしかない。川端さんはガーデニング事業が不調な理由を調べ、まず最初に除草剤に着手する。除草剤は大きな市場だが、「農薬」として登録することが業界の常識だった。まともに製品を開発して市場投入しても大きな成果は望めない。


除草剤が一般市場に広く売れるためにはどうすれば良いか?
考えに考え、最終的に常識を覆す食品成分生まれの除草剤を開発・販売を決めた。子供やペットがいる家庭では、農薬を使わない除草剤が求められているはずだ・・・の観点からだ。
 
これが「おうちの草コロリ」だ。現在のアース製薬の製品にも「100%食品でつくった除草剤。すぐに分解されるので菜園・花だんで使えます」や「食品成分生まれのコケ用除草剤。いろいろなコケに効きます」なるキャッチコピーを実際に見ることが出来る。


この企画は社内から「絶対に売れない!」と強い反対があったらしい。成功した製品やサービスが誕生する最初は大抵社内から反対論が出るのが普通だ。理由は簡単、前例がなく開発費の壁が大きく立ち塞ぐからだ。それで会社の屋台骨が揺らいだ企業は沢山ある。失敗は許されない。


結果から言えば、予想を大きく超える売り上げを残した。その後も開発改良を重ね、大きな売り上げを更新し、アース製薬の基幹商品となった。
 
「絶対に売れない!」や「絶対に出来ない!」の先にあるものは大きな成功が待っている。但し、大きな失敗も十分有り得る。命がけの選択だ。

ピックアップ記事

  1. 024 のだめのタンタービレ
  2. 002 仕事のピークは40歳?
  3. 034 うえの夏祭りパレード(写真集)
  4. 048 産業労使秋祭り
  5. 027 セッション

関連記事

  1. b_ビジネス

    001 IT団体の交流会

    2014年4月16日(水)IT団体の交流会があった。この会はソフト…

  2. b_ビジネス

    008 都道府県の全国の情報を紹介

    2014年10月30日、永田町の都道府県会館に出掛けた。「何のため…

  3. b_ビジネス

    004 Interrop Tokyo 2014

    2014年6月12日 幕張メッセにて Interrop Tokyo 2…

  4. b_ビジネス

    043 SEサービス

    今回の全写真は1月21日のIT団体の賀詞交換会の様子。新宿京王プラザホ…

  5. b_ビジネス

    046 ビジネスの基本

    ジェイエイブラハムのマーケティングの書籍、ハイパワーマーケーティングの…

  6. b_ビジネス

    003 会社100社あれば、75社は赤字?

    昨年10月に発表した東京商工リサーチの「都道府県別赤字法人率」は、全国…

徒然ITブログ

徒然ITブログ(業界特化編)

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 049 40代は独立する最大の好機
  2. 005 レストランを存続させるには
  3. 003 顧客を惹きつける
  4. 001 アルバイトから正社員に
  5. 081 あえぐ国内電気メーカー
  6. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  7. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  8. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  9. 048 産業労使秋祭り
  10. 046 こち亀 40年間 掲載終了
PAGE TOP