自分コンピュータ史

071 エプソンがNEC互換機を発売

1987年~

何回も記しているが、DOS/Vが上陸してくるまでの日本は、NECが我が世の春を謳歌していた頃だ。出回るソフトはNEC PC98前提で作られていたと言っても過言じゃなかった。

1987年4月 エプソンがNEC98互換機に参入してきた。エプソンPC286シリーズだ。ちょうどニフティサーブがサービス開始をした頃だ。

市場はi286主流のこの頃、同年5月に日本IBM PS/55を発売している。i386マシンだ。日本IBM PS/55はどちらかと言うと企業向けPCで、ビジネス用として会社内の机上に適度に見かけだす。

PC-386NOTE AE
当時、仕事で活用したエプソン PC-386NOTE AE

エプソンシリーズは、PC286、PC386とインテルCPUの名称がつけられ、機種名でCPUが分かるのでとても分かり易い利点があった。

i80286搭載のPC286シリーズ 、i80386搭載のPC386シリーズ、i80486搭載のPC486シリーズ。台数は前シリーズより多くはないもののPentium搭載のPC586シリーズもあったようだ。同じ性能で安いなら互換機の方が売れるのは当然。結果的に全体のシェア20%に食い込みだした。

尚、当初NECは当社の所有権を侵害しているとしてEPSONに訴訟問題を起こしている。当時はかなり有名な話だった。

NECは使用するソフトウェアにEPSON製のPCでは動かないようにするプロテクト(エプソンチェック)をかけだした。即座にEPSONは、そのプロテクトを解除するソフトを無償提供した。エプソン側も「プロテクト解除は違法ではありません。安心してご使用ください」なんて感じの文章で解除フロッピーディスクを配布していた。

PC-386NOTE AE
セイコーエプソン vs. NEC PC-98互換機騒動

言い方は失礼だが、私はEPSONユーザーだったので、そのやり取りを楽しく拝見させて頂いていた。今となって言えるが、数年後に襲来するDOS/Vに いがみ合っている場合じゃなかったんだけどね。

いつかは知らないが EPSONはNECに和解金を支払い、互換機メーカーとして進むことになったようだ。NECはEPSONに対する対抗措置はうやむやになっていき、気づいた頃にはソフトウェアインストレーションプログラム(SIP)は見かけなくなった。

しかし、DOS/V機の流れは止まらない。さっさとエプソンはPC98互換機から撤退し、DOS/V互換機、プリンターやデジカメ等に注力することになる。この切り替わりは見事だ。

その後もエプソン派の私は、Epson Direct Shopで何台ものPCを購入している良き顧客なのだ。


【画像/参考資料】
ソフトウェアインストレーションプログラム(SIP)
PC-386NOTE AE
98互換機と黒船来襲――エプソンとNECの奇妙な関係

ピックアップ記事

  1. 060 トロン 日本国産OSが世界を狙う!
  2. 059 マッキントッシュ誕生!
  3. 069 マイクロソフト Windows1.0 発売
  4. 051 うたかたの8ビットパソコン
  5. 056 ファミコン登場!

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    018 フロッピーディスク

    フロッピーディスク(以下 FD)はパソコン市場に広く浸透したことも…

  2. 自分コンピュータ史

    044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス

    1974年から2~3年1974年、この時代は 8080が登場し…

  3. 自分コンピュータ史

    048 ワープロ専用機戦争/文豪と書院

    価格から考えるとコストパフォーマンスに定評があったNEC文豪シリーズ。…

  4. 自分コンピュータ史

    097 PC98 と DOS/Vとの戦い

    1991年~DOS/Vが国内で広まっていくには大きな問題があっ…

  5. 自分コンピュータ史

    128 ワードパーフェクトの隆盛

    ワードパーフェクト(#1/2)1980~1990年半ば頃ワード…

  6. 自分コンピュータ史

    145 アマゾン(Amazon.com)の登場

    1994年頃~1995年頃、爆発的に広がるインターネットは まだ広…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP