自分コンピュータ史

006 レガシーシステムを再構築(#2/2)


ハードウェアはLinuxかWindows Serverに大きく分けられ。データベースはOracle、SQLServer、MySQLが候補にあがるだろう。

Linuxは幾つかのディストリビューションに分かれる。
システム構築は、開発グループと基盤グループに分かれる。開発グループは、システム構築にあたるシステムエンジニアやプログラマー。基盤グループは、その名の通りインフラを構築するインフラエンジニアってことになる。

当業界を希望する人の多くは、IT業界=プログラム開発と思うようだが、このインフラエンジニアは目立たないが非常に重要だ。ネットワークエンジニアと記載すれば分かると思うが、SEに負けず劣らず業界で活躍できる。このあたりの詳細は別に記載する。

システム移行

これまでのシステムがレガシーマシンであれば、複数あるディストリビューションのいづれかのLinux、もしくはWindowsかWindows Serverと考えれば良いと思う。

既にハードウェアが Linux、Unix、Windowsで動作しているのであれば、ハードウェアを最新にバージョンアップするってことになる。

「既にJavaで稼働しているけど、システムが古くなったので一新したい。次の言語は何が良いの?」と問われたら、Javaで構築しているなら 今はやはりJavaだろう。Javaそのものを最新にバージョンアップし、最適なフレームワークを導入して再構築する。ーーーが個人的な答えになる。

これまでレガシーシステムで動いていたシステムを、そのままJavaを使ったオープン系で作ろうとすると、そもそも設計思想が異なるため大抵失敗する。
COBOL技術者はCOBOLの思想、Java技術者はJavaの思想で考える。それぞれのシステムロジックは異なる。ファイル概念さえも異なる、COBOLソースをそのままJavaに置き換えれば済むと思うなら大間違いだ。話はそんな単純ではないのだ。

ピックアップ記事

  1. 056 ファミコン登場!
  2. 060 トロン 日本国産OSが世界を狙う!
  3. 069 マイクロソフト Windows1.0 発売
  4. 051 うたかたの8ビットパソコン
  5. 044 ビル ゲイツとスティーブ ジョブス

関連記事

  1. 自分コンピュータ史

    075 表計算の定番、エクセル登場

    1989年~今や、表計算と言えばエクセルが事実上の標準ソフトだ…

  2. 自分コンピュータ史

    046 興味深いワープロの誕生秘話(2/2)

    (前回の続き)日本語変換スピードに20秒かかった時間を3秒に縮める…

  3. 自分コンピュータ史

    084 やっちゃいけないことやっちゃった

    1984年~日本のインターネットの父/村井 純村井 純さんは、…

  4. 自分コンピュータ史

    134 インチュイット と 弥生会計

    前回マイクロソフトマネーの記事を書いた続編でそれに関する記事を書こうか…

  5. 自分コンピュータ史

    102 汎用機・オフコン・ミッドレンジ

    1993年頃この年代のPCばかりを記載しているけど、大型汎用機…

  6. 自分コンピュータ史

    072 米IBMのPC と 日本IBMのPC

    1987年1987年4月、米IBMがPS/2(Personal…

カテゴリー

OM社長 徒然ブログ1

OM社長 徒然ブログ

タグ分類

業界回想記事

私的業界記事

私的感慨深い記事

歴史的記事

PAGE TOP