g_物流システム徒然記

008 在庫を持たない仕組みを考える

物流システム徒然記

さて、「 必要なだけ材料を調達し、必要なだけモノを生産し、必要なだけ納品(販売)する仕組み 」をどうやって実現するか?の続きです。

ここから、SCM(サプライチェーンマネジメント)の考え方を加えます。

この部分は、まさに体験談になります。
関与していた仕事の関係上、大手企業の題材になりがちですが、中小零細・小売店舗にも参考になります。

前回 ロジスティックス、ECR、QRなる言葉を書きましたが、SCMはこれらの総称とでも考えて下さい。
この考えは全ての業界に共通して応用出来ます。

調達・生産・販売の流れをしっかり把握します
まずは、この流れをしっかり把握します

私が小さい頃は、高度成長期の時代でした。
モノを作れば作った分だけ売れる、そんな良き時代でした。
「 いかに安く良い品を多くの人に提供出来るか? 」これが企業のテーマでした。
今じゃ考えられませんが、モノが溢れていなかった時代は、在庫は沢山あっても問題なかったのです。

80年90年と時代は進むにつれ 我々の生活は豊かになり、モノは世の中に溢れ出しました。
しかし、バブル崩壊後、我々消費者は必要なモノしか買わなくなりました。
モノを沢山作っても売れる時代は、完全に終わってしまいました。

今は消費者主体の時代です。必要な時に必要な量だけ提供できる体制にしなければ企業は生き残れません。

必要な時に必要な量だけ提供できる体制・・・どうやって実現すれば良いのか?

先に結論を言います。各企業が自分の役割をしっかり担当すれば実現可能です。(注)
ポイントは、単一企業だけではなく商品を取り扱う取引企業間が協力し合うことによって実現できます。更に具体的に実現するには、IT技術が必要です。


(注)書き進めているうちに、トヨタのかんばん方式も頭に横切りました。
SCMと意味は随分異なりますが、この方式も自分の役割をしっかり担当すれば実現可能です。

ピックアップ記事

  1. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  2. 002 仕事のピークは40歳?
  3. 019 おいしいテレビドラマ
  4. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  5. 024 のだめのタンタービレ

関連記事

  1. g_物流システム徒然記

    130 かんばん方式を解剖する

    クー自動車部品は、自動車の部品を製造している部品製造会社です。親会…

  2. g_物流システム徒然記

    086 保管と輸送(航空コンテナ)

    景気失速! まさに転がるようです。もはや他人事じゃないです。ついに…

  3. g_物流システム徒然記

    078 EAN128 医薬品関係を例にすると

    流通システム/物流システム徒然記EAN128の話が続いています…

  4. g_物流システム徒然記

    117 統一伝票ってなんぞや

    注)当時の内容をそのまま反映しています。そのため指定したURLは既…

  5. g_物流システム徒然記

    028 出荷データを定義しよう

    物流システム徒然記さて、業務のやりとりに必要な情報(ファイル)…

  6. g_物流システム徒然記

    019 ANSI X.12 のデータを解析する

    物流システム徒然記前回はANSI X.12のイメージデータを紹…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
  2. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  3. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  4. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
  5. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
PAGE TOP