g_物流システム徒然記

084 保管と輸送(コンテナ編)

流通システム/物流システム徒然記

前回の続きとしてコンテナに触れます。

Web開発技術者がコンテナと言うと、サーブレットコンテナを連想するかもしれません。
JAVAアプリケーションを開発する際、このコンテナ内でJAVAサーブレットやJSP、HTMLを動作させます。つまり容器を意味します。

「 ん? 僕は Web開発技術者だけど連想しなかったなあ 」
「 ・・・」

コンテナとは、我々身の回りの製品やあらゆるモノを収納する入れ物を意味します。
我々が手にする多くのモノは、このコンテナに積まれて海や空から渡ってきます。
空や海上はこのコンテナが大活躍しています。

国内輸送は かって鉄道のコンテナ輸送が圧倒的主役でしたが、現在はトラック輸送に主役を奪われ影の薄い存在になっています。
モーダルシフト や マルチモーダルと称して鉄道輸送の見直しは図られていますが、なかなか厳しいのが実情です。

コンテナ埠頭(画像) 芳賀通運株式会社さん

JRコンテナは規格が異なりますが、海上コンテナの場合、国際規格であり世界共通として20フィート(約6m)と40フィート(約12m)の2種類があります。
勿論、目的に応じて種類や形は異なります。

前々回に荷物を出発地から到着地まで、同じパレットに乗せたまま運んで保管することをパレチゼーションと称しましたが、コンテナを使用する場合は コンテナリゼーション と称されます。
とは言え、ずっと物流の仕事を行っていても 今だ一度も会話に登場しない言葉です。

簡単に言えば、コンテナに貨物を積み込めば、そのまま輸送手段を変えながら最終目的地まで運ぶことが出来る訳です。
コンテナ輸送ならパレットで運ぶような厳重な梱包が不要となり作業効率が上がります。
何と言っても貨物の損傷が大幅に減少します。

コンテナの話をすると、急にスケールが大きくなります。
航空輸送や海上輸送を登場せざるを得なくなるからです。
埠頭で見かける巨大コンテナ船を思い浮かべて下さい。
これこそ物流システムって感じがしませんか?

勿論、海上だけでなく航空輸送でもコンテナは大活躍します。
それでは、コンテナについて ちょっと探ってみます。

ピックアップ記事

  1. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  2. 048 産業労使秋祭り
  3. 027 セッション
  4. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  5. 002 仕事のピークは40歳?

関連記事

  1. g_物流システム徒然記

    021 次世代標準になるか?ロゼッタネット

    物流システム徒然記正直、堅い話が続いています。もっと楽しい…

  2. g_物流システム徒然記

    119 在庫管理で企業の勝ち負けは決まるのだ

    流通システム/物流システム徒然記ずっと倉庫業務の内容に触れてい…

  3. g_物流システム徒然記

    027 倉庫業務の流れを知ろう

    物流システム徒然記下は倉庫業務の流れ図です。前回までの説明を更…

  4. g_物流システム徒然記

    067 銀座ブランドショップ探訪記

    前回のお約束、銀座のブランドメーカーのバーコードを調べに出掛けました。…

  5. g_物流システム徒然記

    006 目標は在庫を持たない仕組み

    物流システム徒然記今や 流通システム/物流システムともにコンピ…

  6. g_物流システム徒然記

    121 在庫管理シュミレーション

    流通システム/物流システム徒然記ちょっと一風変わった感じで進め…

徒然ITブログ

徒然ITブログ(業界特化編)

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 049 40代は独立する最大の好機
  2. 005 レストランを存続させるには
  3. 003 顧客を惹きつける
  4. 001 アルバイトから正社員に
  5. 081 あえぐ国内電気メーカー
  6. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  7. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  8. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  9. 048 産業労使秋祭り
  10. 046 こち亀 40年間 掲載終了
PAGE TOP