g_物流システム徒然記

011 SCMの改革は自分の会社から

物流システム徒然記

前回の話は、「 SCMとは企業間同士の連鎖 」だと記載しました。
SCMとは製品を取り扱う取引企業間同士が協力し合わなければ成立しないことを意味し、
もっとストレートに記載すれば、前回の表題の『在庫削減の成功は取引先との協力しだい』ってことになる訳です。

Supply Chain Managementちょっと賑やか過ぎる画像になってしまいました・・・まあ、これもよし

それにはまず、自分の会社の取り扱う製品と自分の会社の仕組みを正しく理解しましょう。
何をするにしても、自分の会社の仕組みを正しく把握しないと駄目です。

前回の繰り返しになりますが、
この製品を1個作るにはどの原材料がどれだけ必要で、
それらを確保するには何日前のいつまでに発注をかければよいか。
等を把握します。

供給側には、オーダーを何日のいつまでに貰えば何日後の何時までに出荷可能である。
この位まで明確化しないといけません。

当然、これ以外の細かなルールは必要ですが、早い話このような明確な企業間の取り決めを行います。

「 そんな、細かい時間まで必要なの? 」
確かにカンと経験で行っている会社も多いかもしれません。
しかし、じっくり社内で業務の流れを見直し、ワークフローを作成すれば、結構出来るものです。

SCMは、お互いの会社が信頼関係を持てないと成立しません。
取引会社とは、利益もリスクも一心同体になります。


昨今のビジネスは、SCMに対応していないコンピュータ化の遅れた中小企業は取引会社から外されます。
SCMの知識は、どんな小さな店舗経営者もしっかり知っておくべき知識です。

ピックアップ記事

  1. 024 のだめのタンタービレ
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 027 セッション
  4. 034 うえの夏祭りパレード(写真集)
  5. 016 フレンチレストランで昼食

関連記事

  1. g_物流システム徒然記

    004 世界的に小売業ってどうなの?

    物流システム徒然記日本の小売業って言うと、イトーヨカード、イオ…

  2. g_物流システム徒然記

    036 成功するはずがない (コンビニ04)

    流通システム/物流システム徒然記鈴木が日本に戻ったものの「 日…

  3. g_物流システム徒然記

    048 ITによる売れ筋商品の徹底分析

    流通システム/物流システム徒然記POS(Point of Sa…

  4. g_物流システム徒然記

    021 次世代標準になるか?ロゼッタネット

    物流システム徒然記正直、堅い話が続いています。もっと楽しい…

  5. g_物流システム徒然記

    020 国際規格のEDIデータに触る

    物流システム徒然記前回は、アメリカ中心に使われているANSI …

  6. g_物流システム徒然記

    019 ANSI X.12 のデータを解析する

    物流システム徒然記前回はANSI X.12のイメージデータを紹…

特記事項

私的おすすめ記事

  1. 2018.01.18

    032 営業の神様

ちょっとした記事

  1. 2017.09.10

    029 利根川322

ピックアップ

  1. 001 アルバイトから正社員に
  2. 081 あえぐ国内電気メーカー
  3. 026 ジオパーク in 幕張メッセ
  4. 060 銀座ギャラリーでの絵画展
  5. 055 寅さん像、さくら像 除幕式
  6. 048 産業労使秋祭り
  7. 046 こち亀 40年間 掲載終了
  8. 045 経営者倶楽部 JAZZ演奏
  9. 016 フレンチレストランで昼食
  10. 027 セッション
  1. b_ビジネス

    014 ジオパーク ユネスコ事業化記者会見
  2. e_東京と新潟

    041 糸魚川白銀の世界(ドローン上空撮影)
  3. a_社長ブログ

    053 チャリティコンサート(写真)
  4. a_社長ブログ

    077 残る仕事・無くなる仕事
  5. f_コンピュータとシステム

    080 消えゆく国産パソコンメーカー
PAGE TOP